検索結果

2434件のアーカイブスが見つかりました。

条件: 地震・津波

年代順で並び替える : |

昭和43年の宇和島地震

昭和43年(1968)8月6日、豊後水道震源とするM6.6の宇和島地震により、県内各地で負傷者、建物被害、地割れなどが発生した。双海町では75戸が停電。 続きを読む

昭和43年の地震

昭和43年(1968)8月6日、地震(M6.6)により、停電約12万戸、負傷15名、道路損壊13箇所、山崩れ・がけ崩れ33箇所、鉄道通信施設にも被害。 続きを読む

昭和43年の宇和島湾地震

昭和43年(1968)8月、宇和島湾地震により、震度5の地震に襲われた。小さい崖崩れがあった程度で、津波もなく、この地方では格別の被害はなかった。 続きを読む

昭和43年4月の日向灘地震

昭和43年(1968)4月1日、日向灘地震(M7.5)により、被害。 続きを読む

昭和43年の日向地震

昭和43年(1968)4月1日、日向地震(M7.5)により、松山市で負傷2名、停電約42,000戸。体感余震は11回に及んだ。 続きを読む

昭和43年の日向灘地震

昭和43年(1968)4月1日9時42分、日向灘でM7.5の地震が起こり、津波が発生した。三瓶では震度4であった。陸上の被害は高知・宮崎県で大きかったが、愛媛県では南予を中心に津波により港湾施設の床上浸水や、真珠いかだ・ハマチ網などの養殖漁業施設の被害が出た。 続きを読む

昭和43年の日向灘地震

昭和43年(1968)4月1日、日向灘地震(M7.5)により、県内で負傷者3人、家屋倒壊の被害があっった。小津波があった。 続きを読む

昭和43年の日向灘地震

昭和43年(1968)4月1日、日向灘地震で、宇和島震度4。 続きを読む

昭和43年の日向灘地震

昭和43年(1968)4月1日9時42分、M7.5の日向灘地震が発生し、九州東岸、四国、紀伊半島の沿岸に津波があった。津波は地震発生後20~30分後で四国沿岸に達し、紀伊水道沿岸には1時間半後に到達した。小松島港では、津波の第一波を10時55分に観測し、最大全... 続きを読む

昭和43年の日向灘地震

昭和43年(1968)4月1日9時42分、M7.5の日向灘地震が発生し、九州東岸、四国、紀伊半島の沿岸に津波があった。津波は地震発生後20~30分後で四国沿岸に達し、紀伊水道沿岸には1時間半後に到達した。小松島港では、津波の第一波を10時55分に観測し、最大全... 続きを読む

1 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 244