検索結果

2434件のアーカイブスが見つかりました。

条件: 地震・津波

年代順で並び替える : |

天武天皇13年の地震

天武13年(684)10月14日、大地震。道後温泉の湧出が止まる。 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、大地震が起こった。日本書紀によると、「人定まるに及んで大地震あり、挙国の男女わめき叫びて東西を知らず。山崩れ河湧き、官舎・民屋・寺塔・神社の破壊されるもの算なく、人畜の死傷おびただしく、伊予の温泉は没して出なくなり、土佐の... 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、天下大いに地震して、四国の地にとりても土佐の国の田地50余万頃が海中に没し、道後温泉も泉脈塞がり出ざること久しく、その後またいつとなし出初めのごとし。(「津田家記」による) 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日、南海道沖で地震が起こり、被害は広大な地域にわたり、また大津波を伴った。土佐の田園50余万頃(約10平方km)没して海となったという。この時、道後の温泉が止まった。この大津波、高知市の沈降及び道後温泉の一時停止という3つの事... 続きを読む

天武13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、地震により、土佐、伊予、大和で被害。阿波に関する記録は残っていないが、土佐国では50万頃の土地が陥没したと記されているので、海部郡でも強大な地震・海嘯があったことと思われる。 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日、日本書紀によれば、大地震が起こり、諸国の官舎、民屋、寺塔、神社の倒壊するもの数知れず、人畜の損害も少なからず、「時に伊予の温泉没して出でず土佐国の田苑五十万頃(約1,157町歩)没して海となる」と記されている。、 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、土佐を中心とした大地震で、田地50余万代(1,147町歩)が海中に没したと言われている、幡多郡の陸続きの黒田郡が海底に陥没したと伝えられている。 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武13年(684)10月14日、M8.4白鳳地震による津波。(「宿命の浅川港」による) 続きを読む

天武天皇13年の地震

image

天武天皇13年(684)10月14日、大地震が発生した。「日本書紀」の天武天皇紀によると、「国挙りて、男女叫びよばいて、まどいぬ。則ち、山崩れ河湧く、諸国の郡の官舎、及び百姓の倉屋、寺塔神社、破壊の類、あげて数うべからず。是によりて、人民及び六畜、多に死傷わる... 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、大地震により田地50余万町が海中に没したという。浦戸を中心とする地域らしい。 続きを読む

1 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 244