検索結果

2439件のアーカイブスが見つかりました。

条件: 地震・津波

年代順で並び替える : |

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、五畿七道の諸国地大いに震う。(「大日本地震史料」による) 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、M8.6の地震が発生した。建築物の倒壊、多くの死傷者を出した。津波を伴っているので、外側地震帯の活動であることは間違いない。土佐でも被害が起こっているはずであるが、当時の事情を伝える口碑、言い伝えはほとんど残っていない。 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、南海道沖大震により、五畿七道大いに震う。近海津波来襲し、死傷者多し。 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日16時頃、京都をはじめ五畿七道の諸国で大地震があり、津波は摂津の国で最も甚だしかったと記録されている。高知県でも大地震・津波によって被害があったと考えられるが、高知県に関する記録は何も残っていない。 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、M8.6の地震が発生し、土佐及び京都、摂津まで被害が大きかった。 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、南海道沖で地震が起こり、津波を伴った。津波による被害は摂津で最も甚だしかった。四国の被害に関しては何らの記載もないが、震害、浪害ともにあったと推測される。 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、地震により、阿波国の被害はかなりあったようである。三代実録には「申刻地大いに震動す。数刻を経てもなお止まず。東西京の家往々転覆し、圧死する者多し。或いは失神頓死する者あり、亥刻また震うこと3回。夜東西に声あり、雷の如きもの2回。こ... 続きを読む

仁和3年の南海地震

仁和3年(887)7月30日、南海道沖大震が起こった。理科年表には「庁舎てん倒し津波あり死傷多し」と記されている。日本地震資料には「五畿七道大いに震う、近海津波来襲し中にも摂津損害最甚、余震日を経れども止まらず」とあり、高知県でも被害があったと思われるが資料が... 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、諸国大地震。 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日16時頃、M8.6の地震が発生した。この地震は、京都付近の寺社家屋の被害状況から、南海地震の中で最大の地震と推定され、宝永地震(M8.4)よりもさらに大きな地震であったようである。しかし、土佐に関する史料は全くない。 続きを読む

1 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 244