検索結果

2434件のアーカイブスが見つかりました。

条件: 地震・津波

年代順で並び替える : |

昭和35年のチリ地震津波

昭和35年(1960)5月23日午前4時11分(日本時間)、チリ南部沖で地震が発生し、この津波が翌24日2時20分頃から日本の太平洋沿岸を襲った。須崎に第一波が到達したのは3時40分頃であったようで、顕著な津波は4時55分から午後6時20分頃まで10数回押し寄... 続きを読む

昭和35年のチリ地震津波

昭和35年(1960)5月24日、チリ地震による津波が土佐湾に来襲。 続きを読む

昭和35年のチリ地震津波

image

昭和35年(1960)5月23日午前4時11分、チリ沖で大地震が発生し、津波が時速720kmの速さで太平洋を約1日で横断した。須崎市には24日午前4時頃から津波の影響が出始め、大きな津波は午前5時頃から午後6時頃までに20数回到達した。大間地区では桐間堤防から... 続きを読む

昭和35年のチリ地震津波

image

昭和35年(1960)5月24日午前3時40分頃、南米チリ沖で発生した大地震による津波の第一波が到達した。第二波は4時55分頃で、その後津波は第十波を記録した。須崎市の被害は住宅全壊17戸、流失2戸、半壊35戸、床上浸水617戸、床下浸水319戸、非住家113... 続きを読む

昭和35年のチリ沖地震津波

昭和35年(1960)5月23日、チリ沖地震が起こり、地震の翌日24日から津波が日本各地に押し寄せ、多大な被害を出した。高知県の被害は負傷者1人、建物の全壊7戸、半壊38戸、流失2戸、床上浸水619戸、船舶沈没6隻、流失21隻、破損24隻となった。(高知工事事... 続きを読む

昭和35年のチリ地震津波

昭和35年(1960)5月23日、チリ沖地震が起こり、地震の翌日から津波が日本各地に押し寄せ、多大な被害を出した。高知県の被害は、負傷者1人、建物全壊7戸、半壊38戸、流失2戸、床上浸水619戸、船舶沈没6隻、流失21隻、破損24隻であった。 続きを読む

昭和35年のチリ地震津波

昭和35年(1960)5月24日早朝、前日午前4時11分にチリ沖で発生した地震による津波が毎秒200mの速さで日本の太平洋沿岸に来襲した。高知県地方では午前5時頃から津波が押し寄せ、須崎市の第一波は4時55分とされている。津波は2回、3回と強まり、5回目の津波... 続きを読む

昭和35年のチリ地震津波

昭和35年(1960)5月24日早朝、南米チリ中部沖で起こった大地震による大津波が押し寄せ、特に東北、北海道で大被害があった。本県では小松島に4時10分に津波が到達した。被害は橘町が最も大きく、海岸沿いの路上1.6mの津波で全町の75%が被災し、50%は床上浸... 続きを読む

昭和35年のチリ地震津波

昭和35年(1960)5月24日早朝、南米チリ中部沖で起こった地震による大津波が太平洋岸一帯に押し寄せた。最大振幅は橘町で5m、浅川で4m、小松島1.6m、徳島1.4m、鳴門1.2mであった。最大被害を受けた橘町では正常潮位からの増分は2.5~2.9mで海岸沿... 続きを読む

昭和35年のチリ地震津波

昭和35年(1960)5月24日早朝、南米チリ中部沖で起こった地震による大津波が太平洋岸一帯に押し寄せた。最大振幅は橘町で5m、浅川で4m、小松島1.6m、徳島1.4m、鳴門1.2mであった。最大被害を受けた橘町では正常潮位からの増分は2.5~2.9mで海岸沿... 続きを読む

1 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 244