検索結果

2434件のアーカイブスが見つかりました。

条件: 地震・津波

年代順で並び替える : |

平成13年の芸予地震

平成13年(2001)3月24日、M6.7の芸予地震により、広島県や愛媛県中予・東予を中心に死者2人、負傷者287人の被害が出た。宇和島では震度5弱を観測したものの、南予では大きな被害は発生しなかった。 続きを読む

平成13年の芸予地震

平成13年(2001)3月24日15時28分頃、M6.7の芸予地震が発生した。愛媛県内では今治港の岸壁背後が25cm沈下したり、今治城のお堀護岸が50cmはらみ出すなどの液状化が原因と考えられる被害が生じた。この報告では、広島県と愛媛県を中心に実施した現地... 続きを読む

平成13年の芸予地震

平成13年(2001)3月24日午後3時28分頃、芸予地震が起きた。波方町でも震度5強で、相当の揺れを感じた。昭和21年の南海地震よりもずっと強い震動であった。このため、書棚の本が落下したり、食器棚のコップが割れたり、屋根の棟瓦がずれるなど、どの家でも何らかの... 続きを読む

平成13年の芸予地震

平成13年(2001)3月24日、M6.7の芸予地震が発生した。この報告では、現地調査をもとに、噴砂・噴水が確認された液状化の分布状況を示すとともに、松山空港、東予市北条地先の臨海埋立地、今治港等の液状化の事例紹介を行っている。 続きを読む

平成13年の芸予地震

平成13年(2001)3月24日、芸予地震が発生した。松山平野は、平成12年(2000)鳥取県西部地震で震度3前後を、また平成13年芸予地震で震度5前後を経験したが、地震被害は地震の揺れと密接な関係があることから、この報告では、地震の被害分布を理解するため... 続きを読む

平成13年の芸予地震

平成13年(2001)3月24日15時27分、安芸灘を震源とするM6.7の地震により、双海町では震度5弱という本町始まって以来の揺れとなった。被害は、裏山の崖崩れによる風呂場全壊1箇所、本郷・三島神社の玉垣倒壊1箇所、高野川の墓石倒壊2箇所、下浜の水道は損2箇... 続きを読む

平成13年の芸予地震

平成13年(2001)3月24日、芸予地震により、仁淀村では家屋の壁の一部にひび割れが生じた程度の被害であった。 続きを読む

平成13年の芸予地震

平成13年(2001)3月24日、芸予地震が発生した。この報告では、局所的な震度分布を知るために、中国・四国地方全域を対象とするアンケート調査を実施し、アンケート震度と計測震度の比較検討を行っている。 続きを読む

平成13年の芸予地震

平成13年(2001)3月24日、芸予地震が発生し、広島県、愛媛県、山口県を中心に震度5以上の地震動が観測された。この論文では、芸予地震の木造家屋被害について、地震観測地点周辺の広域簡易被害調査を実施し、木造家屋の被害が発生し始める地震動強さレベル、被害発... 続きを読む

平成13年の芸予地震

平成13年(2001)3月24日、芸予地震(M6.7)により、県内で死者1人、負傷者75人、家屋全壊2棟。 続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9 244