検索結果

1618件のアーカイブスが見つかりました。

条件: 火災

年代順で並び替える : |

平成3年の火災

平成3年(1991)4月21日午後1時40分頃、小星の山林から出火、滝山・津山・井口地区の民家近くまで燃え広がり、滝山・津山地区では民家9戸に避難勧告が出された。消防署や消防団員など390人と陸上自衛隊八尾航空隊のヘリコプター4機が出動して消火剤を空中散布する... 続きを読む

平成3年4月の山火事

平成3年(1991)4月21日、脇町で山火事が発生した。現場は標高200~600mで水の便が悪く、消火活動に難儀して3日間にわたって延焼し、檜と雑木林30haを焼いて23日10時40分に鎮火した。 続きを読む

平成3年4月の山火事

平成3年(1991)4月21日、脇町で山火事が発生した。現場は標高200~600mで水の便が悪く、消火活動に難儀して3日間にわたって延焼し、檜と雑木林30haを焼いて23日10時40分に鎮火した。 続きを読む

平成2年の山火事

平成2年(1990)8月10日22時頃、塩入字中川原で林野火災が発生した。出火時はほとんど無風状態であったが、7月23日から19日間雨がなく、火災の起こりやすい気象下であった。町役場、常備消防、消防団、地域住民が一帯となって消防活動を行い、自衛隊ヘリコプターの... 続きを読む

平成元年の山火事

平成元年(1989)4月18日午後3時45分、七宝山下高野地区の林野で火災が発生し、懸命の消火活動にもかかわらず、延焼が続いた。自衛隊のヘリコプターを要請し、4月22日午前9時40分に鎮火した。 続きを読む

平成元年の鵜島の山火事

平成元年(1989)4月16日、山火事により、鵜島の総面積の3分の1を焼失する大火災となったが、家屋や人身被害はなかった。 続きを読む

平成元年4月16日の火災

平成元年(1989)4月16日、日本海で低気圧が発達し南よりの強風が吹く中、火災が発生し、焼失面積は30haに及んだ。(愛媛県災害年表) 続きを読む

平成元年4月11日の火災

平成元年(1989)4月11日、高気圧に覆われ空気乾燥と強風が吹く中、火災が発生し、焼失面積は25haに及んだ。(愛媛県災害年表) 続きを読む

昭和63年12月の山火事

昭和63年(1988)12月15日午後、宍喰町久尾の標高900mの町有林から出火し、火は強い季節風に煽られて燃え広がり、杉や檜などの植林約30haを焼いた。火はさらに尾根を越えて燃え広がり、海南町相川の上皆津地区に延焼し、杉林など約30haを焼失、合計60ha... 続きを読む

昭和63年12月の山火事

昭和63年(1988)12月15日午後、宍喰町久尾の標高900mの町有林から出火し、火は強い季節風に煽られて燃え広がり、杉や檜などの植林約30haを焼いた。火はさらに尾根を越えて燃え広がり、海南町相川の上皆津地区に延焼し、杉林など約30haを焼失、合計60ha... 続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 162