検索結果

1618件のアーカイブスが見つかりました。

条件: 火災

年代順で並び替える : |

昭和59年3月の火災

昭和59年(1984)3月29日~31日、高気圧に覆われ晴天の日が多く、乾燥する中で火災が発生し、焼失面積は73haに及んだ。(愛媛県災害年表) 続きを読む

昭和59年3月2日の山火事

昭和59年(1984)3月2日15時頃、阿南市福井町下原の通称小丸山の山林から出火した火は、北風にあおられて近くの雑木林に燃え広がった。この山火事で近所の住民1人が焼死し、山林12haを焼失し、21時40分に鎮火した。 続きを読む

昭和59年3月2日の山火事

昭和59年(1984)3月2日15時頃、阿南市福井町下原の通称小丸山の山林から出火した火は、北風にあおられて近くの雑木林に燃え広がった。この山火事で近所の住民1人が焼死し、山林12haを焼失し、21時40分に鎮火した。 続きを読む

昭和58年の火災

昭和58年(1983)10月28日午前10時半頃、北星の山林から出火、通称西ノ谷の小星山の雑木林など約4haを焼き、夕方鎮火した。 続きを読む

昭和58年の山火事

昭和58年(1983)9月4日、小漕で山火事。 続きを読む

昭和58年の火災

昭和58年(1983)1月1日、王墓地区の住宅密集地より出火し、深夜のこともあり、焼死者が出る痛ましい結果となった。 続きを読む

昭和57年の大火

昭和57年(1982)11月22日、原地区の木工製造工場から出火し、強風で大火となった。 続きを読む

昭和57年9月の山火事

昭和57年(1982)9月4日夕方、鳴門市大津町の大代山から出火した山火事は、2昼夜にわたって燃え続け、6日夕方に48時間ぶりに鎮火した。焼失面積は117haにのぼり、戦後最大の規模になった。 続きを読む

昭和57年9月の山火事

昭和57年(1982)9月4日夕方、鳴門市大津町の大代山から出火した山火事は、2昼夜にわたって燃え続け、6日夕方に48時間ぶりに鎮火した。焼失面積は117haにのぼり、戦後最大の規模になった。 続きを読む

昭和57年8月の山火事

昭和57年(1982)8月25日、古谷で山林火災。 続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 162