検索結果

527件のアーカイブスが見つかりました。

条件:徳島県 地震・津波

年代順で並び替える : |

平成12年10月の地震

平成12年(2000)10月6日13時30分、鳥取県西部を震源とするM7.3の地震が発生した。徳島県内では徳島市で震度5を観測したほか、21市町村で震度4~3を観測した。この地震により、徳島県内ではがけ崩れ1箇所の被害があった。 続きを読む

平成7年の阪神・淡路大震災

平成7年(1995)1月17日午前5時46分、兵庫県南部地震が発生した。県内では鳴門市の被害が多く、里浦町里浦の芋畑では液状化現象が起きた跡が見つかった。市場町内での被害は、何もなかった。市場町では18日に鳴門市、阿南市とともに県内自治体のトップを切って給水車... 続きを読む

平成7年の阪神・淡路大震災

平成7年(1995)1月17日5時46分、淡路島北端部を震源とするM7.2の地震が発生した。県下の被害は震源に近い鳴門市に集中し、重傷9人(鳴門市7人、石井町2人)、軽傷12人(鳴門市11人、徳島市1人)、家屋の全壊4棟(すべて鳴門市)、半壊84棟(すべて鳴門... 続きを読む

平成7年の阪神・淡路大震災

平成7年(1995)1月17日5時46分、淡路島北端を震源地とするM7.2の大地震が起こった。徳島県内では近隣の地域であるにもかかわらず、被害が最小限度にすんだことは不幸中の幸いであった。ただ、鳴門市ではこの地震を契機にして湧水に変化が起き、あるところでは湧水... 続きを読む

平成7年の阪神・淡路大震災

平成7年(1995)1月17日午前5時46分、M7.2の内陸直下型地震が神戸市を中心に起こった。徳島県内では鳴門市で家屋などが被害を受けた。小松島でも道路、塀、家の壁などに小さな亀裂ができた。この震災では、被災者のモラルの高さやボランティア活動の活発化などが話... 続きを読む

平成7年の阪神・淡路大震災

平成7年(1995)1月17日5時46分、淡路島北端部を震源とするM7.2の地震が発生した。県下の被害は震源に近い鳴門市に集中し、重傷9人(鳴門市7人、石井町2人)、軽傷12人(鳴門市11人、徳島市1人)、家屋の全壊4棟(すべて鳴門市)、半壊84棟(すべて鳴門... 続きを読む

平成7年の阪神・淡路大震災

平成7年(1995)1月17日午前5時46分頃、淡路島北淡町の地下20kmを震源とする直下型の大地震があり、県内は全域で震度4を記録した。脇町では吊り下げた電灯や食器棚の食器が揺れ、棚の物が落ちた。 続きを読む

昭和43年12月の地震

昭和43年(1968)12月11日午後8時45分、高知県南東部を震源とする地震があった。震度は3であった。 続きを読む

昭和43年8月の地震

昭和43年(1968)8月6日午後1時17分、豊後水道を震源とする地震が発生、徳島・穴吹の震度は3であった。 続きを読む

昭和43年の日向灘地震

昭和43年(1968)4月1日9時42分、M7.5の日向灘地震が発生し、九州東岸、四国、紀伊半島の沿岸に津波があった。津波は地震発生後20~30分後で四国沿岸に達し、紀伊水道沿岸には1時間半後に到達した。小松島港では、津波の第一波を10時55分に観測し、最大全... 続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 53