検索結果

74件のアーカイブスが見つかりました。

条件:徳島県 上勝町

年代順で並び替える : |

安政元年の地震

安政元年(1854)11月5日~6日、大地震のため、田野々の刈揃(かぞろ)山北側の山辺りに東西方向に延々と亀裂が生じた。 その後、大雨の浸透により、安政2年(1855)8月、刈揃山は大崩壊し、現在のような蛇紋岩の赤裸々な山肌を露呈した。大崩壊の轟音は遠く樫原村... 続きを読む

嘉永2年の洪水

嘉永2年(1849)、「阿房水」と呼ばれた大水で田浦村で堤が切れ、田浦・前原両村の田畑が土砂で埋まった。(「勝浦郡志」による) 続きを読む

嘉永2年の洪水

嘉永2年(1849)、「阿房水」と呼ばれた大水で田浦村で堤が切れ、田浦・前原両村の田畑が土砂で埋まった。(「勝浦郡志」による) 続きを読む

天保14年の洪水

天保14年(1843)7月7日、大洪水により勝浦川が大氾濫した。「七夕水」と呼ばれた。下流の沼江、中角、今山はもちろん、宮井では井関がつぶれ、本庄では丈六寺山門の下手の土手が破堤し、大災害を受けた。(「勝浦郡志」による) 続きを読む

天保14年の洪水

天保14年(1843)7月7日、大洪水により勝浦川が大氾濫した。「七夕水」と呼ばれた。下流の沼江、中角、今山はもちろん、宮井では井関がつぶれ、本庄では丈六寺山門の下手の土手が破堤し、大災害を受けた。(「勝浦郡志」による) 続きを読む

天保9年の風雨

天保9年(1838)、田野々及び八重地で大風雨のため農作物に大被害があり、収穫皆無の土地もあったといわれる。 続きを読む

天保9年の風雨

天保9年(1838)、田野々及び八重地で大風雨のため農作物に大被害があり、収穫皆無の土地もあったといわれる。 続きを読む

寛政元年の地震

寛政元年(1789)4月16日夜九ツ時大地震があった。旭の黒松寺二世粗梁和尚の直筆によると、「山々谷々崩れ、川水3日の間濁り流れ、多くの川ぶち、土手、田地一円に割れ、水1日の間、土路水吹き出し、また瓦葺き家、蔵とも多く乱れるの事知れず、神前石の鳥居を乱し、寺々... 続きを読む

寛政元年の地震

寛政元年(1789)4月16日夜九ツ時、大地震があった。旭の黒松寺二世粗梁和尚の直筆によると、「山々谷々崩れ、川水3日の間濁り流れ、多くの川ぶち、土手、田地一円に割れ、水1日の間、土路水吹き出し、また瓦葺き家、蔵とも多く乱れるの事知れず、神前石の鳥居を乱し、寺... 続きを読む

天明元年の洪水

天明元年(1781)、勝浦川筋出水。(「勝浦郡志」による) 続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8