検索結果

126件のアーカイブスが見つかりました。

条件:徳島県 小松島市

年代順で並び替える : |

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日午前5時10分、室戸台風の最低気圧は室戸岬で911.9mbの空前の最低記録を示した。県内での最大風速36.7m/秒、高潮は小松島港で潮位最大偏差1.4mであった。この時、小松島港に停泊中の機帆船が押し流され、千歳橋橋桁に衝突し、一... 続きを読む

昭和10年9年の台風

昭和10年(1935)9月25日、台風が豊後水道を北上するなどして、稲作に被害が出た。小松島市域は、前年以上の不作となった。 続きを読む

昭和13年の少照

昭和13年(1938)3月、5月、6月は曇天、少照となり、麦に被害が出た。 続きを読む

昭和16年8月の台風

昭和16年(1941)8月15日、台風が室戸の西に上陸し、北上して四国を横断した。風が強く、徳島測候所では毎秒37.8mの測候所開設以来の強風を記録した。小松島魚市場では150トンの機帆船が沈没した。雨量は3日間に那賀川中流で600ミリ、小松島で111ミリとな... 続きを読む

昭和16年10月の台風

昭和16年(1941)10月1日、台風が九州から中国に抜け、徳島で毎秒33.7mの強風を記録した。横須海岸では堤防が約18m破壊された。 続きを読む

昭和18年7月の台風

昭和18年(1943)7月24日、衰退した台風が愛媛県を北上した。雨量が多く、小松島で2日間に486ミリに達し、田畑の多くが浸水した。 続きを読む

昭和18年9月の台風

昭和18年(1943)9月20日、台風が高知県西部に上陸、北上したたため、被害が大きく不作となった。 続きを読む

昭和19年の東南海地震

昭和19年(1944)12月7日、熊野灘がM8.0の大地震が起こった。津波は伊豆半島から紀伊半島沿岸を襲い、被害は熊野灘沿岸で特に大きかった。徳島でも日和佐で2mの高さの津波を記録したが、被害はなかった。この時は戦時中であり、報道管制のため地震津波の被害は僅少... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風は強風をもたらし、戦災直後の被害を増大させた。 続きを読む

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月7日、阿久根台風は豪雨をもたらした。勝浦川流域に多雨域ができ、小松島で10月7日からの4日間の雨量は594ミリに達し、中小河川が氾濫した。この年は、春から夏にかけての低温、枕崎台風、阿久根台風の襲来により空前の大凶作となった。 続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 13