検索結果

42件のアーカイブスが見つかりました。

条件:徳島県 牟岐町

年代順で並び替える : |

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日、南海地震が発生した。この冊子には、小松島市の「立江川排水改良事業之碑」、立江八幡神社「農地災害復旧碑」、阿南市鵠の和光神社「石碑」、福井町の大原「地神上棟式記念碑」、住吉神社「海嘯潮痕跡標石」、牟岐町大牟岐田の旧旭町南海地震... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分に発生した南海道地震及びそれに伴う津波により、牟岐町は安政の津波以来の災禍をこうむった。被害は、住家の流失109戸、倒壊165戸、死者52名、重傷9名、船舶の流失91隻、田畑の流失40町、浸水46町、橋梁の流失6... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日、南海道地震に伴う津波により、牟岐町の被害は住家の流失109戸、倒壊165戸、死者52人、重傷9人、船舶の流失91隻、田畑の流失40町、浸水46町、橋梁の流失6箇所などに及んだ。牟岐町では南海道大地震・大津波から50周年にあた... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)11月5日、南海地震が発生した。この冊子には、松茂町の春日神社「敬渝碑」、徳島市の蛭子神社「百度石」、佐那河内村の長願寺「扁額」、小松島市の豊浦神社「石碑」、阿南市椿の八幡神社「常夜灯台石」、那賀町谷内の妙法寺「庚申塔」、美波町志和岐の「震... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日朝辰の下刻(午前9時頃)、大地震があり、5日夜明けまで5、6度揺れ、人々は林藪に逃げる。5日午後3時頃と8時頃に大地震があり、それに伴う津波も大規模で、西牟岐浦では175戸全戸が流失するなど大きな被害が出た。津波の高さは3丈余りで... 続きを読む

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月4日昼4ツ時(10時)地震が起こり、夜5ツ時(8時)頃から夜明けまでに3、4度地震が続いた。翌5日は昼8ツ時(午後2時)頃に大地震が起こり、瓦は飛び散り地中はひび割れ、7ツ時(午後4時)には津波が襲来した。人々は命からがら八幡山な... 続きを読む

文政5年の火災

文政5年(1822)2月21日午刻(正午頃)、海部郡中村の民家より出火し、牟岐浦へ移り、家数325軒焼失し、未下刻(午後3時頃)鎮火した。(「阿淡年表秘録」による) 続きを読む

文政5年の火災

文政5年(1822)2月21日午刻、海部郡牟岐中村民家より出火、牟岐浦へ移り、325戸焼失し、未下刻鎮火。(「阿淡年表秘録」による) 続きを読む

文政5年の大火

文政5年(1822)2月21日午刻。中村民家より出火、牟岐浦に移り325戸焼失、未下刻、中村下ノ町花やにて鎮火。この時、昌寿寺も焼失した。この火災をサブキチ焼という。 続きを読む

文政5年の火災

文政5年(1822)2月21日午刻、牟岐中村民家より出火、牟岐浦に移り725戸焼失、未下刻消火。(「徳島県史料年表」による) 続きを読む

1 2 3 4 5