検索結果

64件のアーカイブスが見つかりました。

条件:徳島県 神山町

年代順で並び替える : |

安政3年の火災

安政3年(1856)1月18日、名西郡阿川村神の木で火災、19戸焼失。(神山町の佐々木文書による) 続きを読む

天保7年・8年の大雨

天保7年(1836)及び8年(1837)の夏から秋にかけて大雨が続き、全国を通じて四分二厘と称する稀有の大凶作となった。米麦その他の食料品は欠乏し、貧者は常食であるそば、いも、稗の粉も口に入らず、つぶろ(マンジュシャゲの根)、樫の実、甘藷のつる等を粉にして食べ... 続きを読む

文政11年の干ばつ

文政11年(1828)8月、雨の降らぬことが85日におよび、作物は枯死し、飲料水は枯渇し、村民は困窮した。これを文政の大干ばつという。 続きを読む

文政9年の洪水

文政9年(1826)8月20日、鮎喰川出水。(「徳島県警察史」による) 続きを読む

明和5年の洪水

明和5年(1768)9月、鮎喰川、洪水。(神山町「川成引帳」による) 続きを読む

明和5年の洪水

明和5年(1768)9月、鮎喰川出水。(「徳島県警察史」による) 続きを読む

明和5年の洪水

明和5年(1768)9月、鮎喰川、洪水。(神山町「川成引帳」による) 続きを読む

明和5年の洪水

明和5年(1768)9月、鮎喰川、洪水。(「神山町川成引帳」による) 続きを読む

宝暦2年の洪水

宝暦2年(1752)10月、鮎喰川出水。(「徳島県警察史」による) 続きを読む

宝暦2年の洪水

宝暦2年(1752)10月、鮎喰川洪水。(神山町「川成引帖」による) 続きを読む

1 2 3 4 5 6 7