検索結果

43件のアーカイブスが見つかりました。

条件:徳島県 美馬市(脇町) 火災

年代順で並び替える : |

明和2年の火災

明和2年(1765)2月17日、脇町の北町、中町で火災、約150軒焼失。(「脇町誌」による) 続きを読む

明和2年の火災

明和2年(1765)2月17日子刻、美馬郡脇町で出火、家数150年焼失、翌日辰刻鎮火。(「徳島県史料年表」による) 続きを読む

明和2年の火災

明和2年(1765)2月17日子刻、美馬郡脇町で出火、家数150年焼失、翌日辰刻鎮火。(「徳島県史料年表」による) 続きを読む

明和2年の火災

明和2年(1765)2月17日、脇町北町中町で火事、およそ150軒焼失。(「脇町誌」による) 続きを読む

寛政10年の大火

寛政10年(1798)1月17日、美馬郡脇町落久保で大火、44世帯罹災。(「脇町誌」による) 続きを読む

寛政10年の火災

寛政10年(1798)正月27日、美馬郡脇町の落久保で火事が起こり、44世帯が焼失した。(「脇町誌」による) 続きを読む

寛政10年の火災

寛政10年(1798)12月27日、44軒類焼。 続きを読む

文政12年の大火

文政12年(1829)12月晦日昼九ツ時(正午頃)に出火、火は強風にあおられて燃え広がり、北町から中町一帯を焼き尽くす大火となった。この火災により、焼失家屋169軒の大被害が出た。大火の後、組頭庄屋らが藩に対して「御拝借銀」(復興資金の貸付)の給付を求める嘆願... 続きを読む

文政12年の火災

文政12年(1829)12月30日、美馬郡脇町の北町・中町に大火が発生し、家屋129軒、納屋、土蔵などを焼失した。(「脇町誌」による) 続きを読む

文政12年の火災

文政12年(1829)12月30日、脇町出火、侍屋22戸、町家100戸、蚕屋4戸、厩4棟焼失。(「阿波志」による)/脇町北、中町残らず焼失。(「元木文書」 続きを読む

1 2 3 4 5