検索結果

31件のアーカイブスが見つかりました。

条件:徳島県 那賀町(木頭村)

年代順で並び替える : |

明治32年の降雹

明治32年(1899)5月13日、ひょうのため、麦種代もなし、翌日黄砂、太陽赤く朝夕甚だし。(木頭村「岡田日記」による)/海川木頭大雹。(「諸事誌留簿」による) 続きを読む

明治32年の降雹

明治32年(1899)5月13日、ひょうのため、麦種代もなし、翌日黄砂、太陽赤く朝夕甚だし。(木頭村「岡田日記」による)/海川木頭大雹。(「諸事誌留簿」による) 続きを読む

明治25年の大火

明治25年(1892)、出原で7戸全焼。 続きを読む

明治20年の大火

明治20年(1887)、蝉谷の中心地から出火し、10戸全焼。 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、大地震で3日間揺りやまず。村内各所で水筋くるう。 続きを読む

天保13年の洪水

天保13年(1842)、大水出原のすがず婆流される。旧道筋端伝寺の石段まで水。(「木頭村誌」による) 続きを読む

天保13年の洪水

天保13年(1842)、大水出原のすがず婆流される。旧道筋端伝寺の石段まで水。(「木頭村誌」による) 続きを読む

天保13年の洪水

天保13年(1842)、大水出原のすがず婆流される。旧道筋端伝寺の石段まで水。(「木頭村誌」による)(那賀川における災害年表) 続きを読む

天保13年の洪水

天保13年(1842)、大水出原のすがず婆流される。旧道筋端伝寺の石段まで水。(「木頭村誌」による)(那賀川における災害年表) 続きを読む

天保13年の洪水

天保13年(1842)、洪水により、木頭村出原旧道筋の瑞伝寺の石段まで増水した。 続きを読む

1 2 3 4