検索結果

47件のアーカイブスが見つかりました。

条件:徳島県 阿南市(羽ノ浦町)

年代順で並び替える : |

明治27年の水争い

明治27年(1894)5月から8月まで雨量が少なく、夏季に記録的な高温が続いたため、各地で水争いが生じた。那賀川北岸では、大井手用水の渇水がひどく、7月19日に千余名が舟路を開削すると称し、延長2,400mの川ざらえを行い、南岸の堰を掘り切った。このため、20... 続きを読む

明治17年の洪水

明治17年(1884)6月27日、那賀川破堤。 続きを読む

明治11年の洪水

image

明治11年(1878)9月8日、洪水により万代堤がおよそ100間余にわたって決壊した。(「趣味の郷土羽ノ浦町」による) 続きを読む

明治11年の洪水

image

明治11年(1878)9月8日、洪水により万代堤が決壊したため、古毛大須賀西端付近で10軒程の家屋が流失した。 続きを読む

明治6年の洪水

image

明治6年(1873)10月3日、洪水により明見~岩脇間の堤防が決壊した。 続きを読む

明治6年の洪水

明治6年(1873)10月2日、大風雨により那賀川の堤防が羽ノ浦村で決壊し、洪水が発生した。 続きを読む

慶応2年の洪水

image

慶応2年(1866)8月7日、洪水により万代堤が破損した。巨大な石を落とし入れて水防に供した。(「趣味の郷土羽ノ浦町」による) 続きを読む

慶応2年の洪水

image

慶応2年(1866)8月6日、寅の水。天明以降最大の洪水と言われ、那賀川右岸の平野では、上大野から富岡東部に至る各所で、堤防決壊、家屋流失などの大被害を生じ、富岡では30人余の死者を出した。羽ノ浦町では、古毛の万代堤が200余間(約360m)決壊したため、古毛... 続きを読む

慶応元年の洪水

image

慶応元年(1865)、大洪水により、万代堤が決壊した。慶応3年の万代堤の修築に際して、上の硯石山から巨岩を掘り起こし、洪水時に最も水勢が強く当たるところに大岩を落とし入れた。これにより、洪水時の水防効果が著しく高められた。 続きを読む

万延元年の洪水

image

万延元年(1860)8月3日、洪水により万代堤が破損した。修築長は90年に及んだ。(「趣味の郷土羽ノ浦町」による) 続きを読む

1 2 3 4 5