検索結果

132件のアーカイブスが見つかりました。

条件:徳島県 鳴門市

年代順で並び替える : |

明治21年7月の洪水

明治21年(1888)7月22日、吉野川洪水、流失物多し。(「大津村史」による) 続きを読む

明治7年の暴風

明治7年(1874)9月5日夜、暴風により、板野郡撫養(鳴門市)の汽船「文明丸」が撫養沖の女夫岩(みょうといわ)付近で難破し、乗船者およそ37、8人が死亡した。(徳島新聞による) 続きを読む

慶応2年の寅の水

慶応2年(1866)8月1日、7日間降り続いた雨により、未曾有の大氾濫となった。田畑は荒地と化し、人畜、農作物、堤防など大被害。寅の水という。(「渭水聞見録」、「蜂須賀家記」、「阿淡年表秘録」、「阿波志」、「板野郡史」、「大津村誌」等による) 続きを読む

元治元年の台風

元治元年(1864)8月、大暴風雨による洪水のため、北方7郡では土佐白髪山をはじめ谷々からの流木が多く、南山より北山一円で地表から1丈以上の出水となった。木津金比羅神社から徳島勢見金刀比羅神社まで海の如く、板野郡では板東以東の萱茅堤防大破、井利の箇所は池となっ... 続きを読む

文久3年の洪水

文久3年(1863)8月12日夜、出水し、板東谷川の堤防破損30余箇所、600余間決壊。庄屋は観農普請を出願した。(「渭水聞見録」、「蜂須賀家記」、「阿淡年表秘録」、「阿波志」、「板野郡史」、「大津村誌」等による) 続きを読む

万延元年の台風・高潮

万延元年(1860)7月11日、台風による高潮のため、藍田や田畑が浸水し、家屋が潰れたり流失した。また、所々で道路が破壊され、船の流失もあった。 続きを読む

万延元年の洪水

万延元年(1860)7月11日~16日の7日間の大雨により、阿波全土で浸水、破堤が各所で起こった。撫養地方は第一の大損害を受け、台風・高潮の被害により、塩田、田畑は浸水荒廃し、家屋は潰れ流失し、岡崎十人衆の家も汐に引かれ、道路は決壊、船は流失した。(「渭水聞見... 続きを読む

安政4年の台風

安政4年(1857)7月1日、未曾有の大暴風雨。被災の模様は江戸将軍の耳に達す。(「渭水聞見録」、「蜂須賀家記」、「阿淡年表秘録」、「阿波志」、「板野郡史」、「大津村誌」等による) 続きを読む

安政3年の洪水

安政3年(1856)8月1日、八朔水。(「渭水聞見録」、「蜂須賀家記」、「阿淡年表秘録」、「阿波志」、「板野郡史」、「大津村誌」等による) 続きを読む

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)11月5日、安政南海地震が発生した。これまで安政南海地震による鳴門市周辺の被害実態は十分には明らかにされていなかったが、平成19年(2007)に鳴門市撫養町で安政南海地震の被害状況を記した古文書「四国地震記」が発見された。この記述者は当時医... 続きを読む

1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14