検索結果

62件のアーカイブスが見つかりました。

条件:愛媛県 伊予市(双海町)

年代順で並び替える : |

昭和12年の地震

昭和12年(1937)2月27日、安芸灘を震源とする地震により、松山市武徳殿のガラス破損、三津浜缶詰会社の煙突倒壊。 続きを読む

昭和12年の地震

昭和12年(1937)2月27日、安芸灘を震源とするM5.9の地震により、松山市武徳殿のガラスが破損し、三津浜缶詰会社の煙突が倒壊した。 続きを読む

昭和10年の山火事

昭和10年(1935)3月15日午後7時頃、下灘村大字串字ヌタノモトの山林より出火した。郡内及び喜多郡からも消防団員が出動したが、強風のため付近の山林に延焼し、309町3反余が焼失して、16日午前7時に沈下した。損害11万2千円程度。 続きを読む

昭和8年の高波

昭和8年(1933)9月、愛媛県の海岸一帯を襲う津波が発生し、双海地域でも海岸被害により多数の流失家屋を出し、護岸は壊滅に近い状態になった。下灘村の被害は、家屋の流失12戸、半壊21戸、護岸の破損777mに及んだ。天皇陛下より、双海地域を含めた各市町村に見舞金... 続きを読む

昭和8年の高波

昭和8年(1933)9月、津波により、双海町では海岸被害により多数の流失家屋を出し、護岸は壊滅に近い状態になった。旧下灘村の被害は、家屋の流失12戸、半潰21戸、護岸の破損777mに及んだ。天皇陛下より、見舞金が下賜された。 続きを読む

昭和2年の地震

昭和2年(1927)3月7日、奥丹後若狭湾付近を震源とするM7.3の地震により、東予地方では家屋がかなり強く揺れ、屋外に飛び出す人がいるほどであった。南予地方は微震であった。 続きを読む

昭和2年の地震

昭和2年(1927)3月7日、奥丹後若狭湾付近を震源とする地震により、東予地方では家屋がかなり強く揺れ、屋外に飛び出した者もいた。南予地方は微震であった。 続きを読む

明治42年の山火事

明治42年(1909)4月、下灘村大字串で原因不明の火災が発生し、山林3町6反余が焼失した。 続きを読む

明治40年の地震

明治40年(1907)8月7日、豊予海峡を震源とする地震。西宇和郡に強震損害が出た。 続きを読む

明治39年の地震

明治39年(1906)5月22日、瀬戸内海中部を震源とする地震により、安芸、伊予の海岸地区で時計が止まり、水が溢れ出るなどした。家屋はひどく揺れたが、格別の被害はなかった。 続きを読む

1 2 3 4 5 6 7