検索結果

235件のアーカイブスが見つかりました。

条件:愛媛県 八幡浜市

年代順で並び替える : |

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月14日~16日の台風18号(第二室戸台風)は、昭和9年の室戸台風とほぼ同一のコースをとり、中部以西に大きな被害が出た。(気象台資料による)保内町では、磯崎漁港の防波堤・舟揚場に損害があったが、被害は少なかった。(保内町役場資料による) 続きを読む

昭和35年の大雪

昭和35年(1960)12月29日から翌36年1月4日まで7日間降り続いた大雪は、強風を伴い、中南予一帯に損害をもたらした。南予地方の陸海の交通は4日まで途絶えた。西宇和郡を中心に夏柑の被害が大であった。(気象台資料による) 続きを読む

昭和35年の大雪

昭和35年(1960)12月29日から翌36年1月4日まで、大雪が降り続き、強風を伴い、中南予一帯に被害をもたらした。南予地方の陸海の交通は4日まで途絶えた。西宇和郡を中心に夏柑の被害が大であった。(八幡浜市誌、保内町誌、松山気象台資料による) 続きを読む

昭和35年の大雪

昭和35年(1960)12月29日から翌36年1月4日まで、大雪が降り続き、強風を伴い、中南予一帯に損害をもたらした。南予地方の陸海の交通は4日まで途絶えた。西宇和郡を中心に夏柑の被害が大であった。(気象台資料による) 続きを読む

昭和35年の豪雪

昭和35年(1960)12月から1月まで、豪雪。 続きを読む

昭和35年の雪

昭和35年(1960)12月から1月4日、雪により、柑橘に被害が多く出た。 続きを読む

昭和33年の干ばつ

昭和33年(1958)、干ばつ。降水量は7月17.1ミリであった(八幡浜観測所調)。 続きを読む

昭和33年の干ばつ

昭和33年(1958)、干ばつ。降水量は7月17.1ミリであった。(八幡浜観測所調による) 続きを読む

昭和33年の干ばつ

昭和33年(1958)、干ばつ。降水量は7月17.1ミリであった(八幡浜観測所調)。 続きを読む

昭和29年の洞爺丸台風

昭和29年(1954)9月25日~26日の台風15号は、鹿児島県大隅半島に上陸し、宮崎・愛媛県を通過し、日本海に出た。この台風により、青函連絡船・洞爺丸が沈没した。(気象台資料による)高潮被害が甚大だったので、消防団の非常招集が行われた。(「磯津村日誌」による... 続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 24