検索結果

55件のアーカイブスが見つかりました。

条件:愛媛県 大洲市(長浜町)

年代順で並び替える : |

昭和13年の洪水

昭和13年(1938)8月1日、肱川大出水により、本村の浸水家屋100戸に及んだ。加屋堤防が決壊した。(「白滝小沿革誌」による)住宅・宿直室は床上約30cm位浸水し、付近の青年、消防団の応援を得て片付けた。(「柴小沿革誌」による) 続きを読む

昭和10年の台風

昭和10年(1935)9月24日、前日来の風雨で、風浪はますますつのり、24日午前3時頃に北東の激浪が狂奔し、桟橋の動揺が最も激しくなった。長浜救難所の救助員の助力のもとに排水防御作業が行われたが、夜半になって桟橋の傾斜がますます加わり、浸水が激しくなり、25... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風により、長浜港の荷揚場、東突堤、:西突堤、船だまり、桟橋、渡橋がみな破損した。(「長浜郷土誌」による) 続きを読む

大正3年の台風

大正3年(1914)9月14日午前2時頃から、台風により雨とともに風力が増し、6時に東北の風となり、屋壁、樹木を倒壊させ、瓦、帆柱を飛ばすなどした。9時に西風に変じ、11時に風雨ともにまったく収まった。被害の最も甚だしかったのは港町、新地、山際、青島の4地区で... 続きを読む

大正3年の桜島噴火

大正3年(1914)1月13日午前より、鹿児島県桜島噴火による灰が降り始め、屋根や路面が灰白色になった。「一宮日記」によると、「昨夜以来、海軍の大演習の如く砲声今朝に至るまで小止みなかりしが、うわさに九州桜島の噴火なりとか火山灰を降らすこと雪の如く、一面白くな... 続きを読む

大正3年の暴風雨

大正3年(1914)1月7日、暴風雨により風速が20mを超えて時化る。青島沖で遭難した漁船を共助するために出動した青島青年団員13人が殉職した。(「青島小沿革誌」による) 続きを読む

大正2年の風水害

大正2年(1913)、風水害非常なり。 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日、台風により、県下の風水害激甚。皇室より救助金1,000円を賜う。 続きを読む

明治41年の風水害

明治41年(1908)、県下全体に非常な風水害あり。(「愛媛県誌」による) 続きを読む

明治40年の風水害

明治40年(1907)、県下各地で風水害あり。(「愛媛県誌」による) 続きを読む

1 2 3 4 5 6