検索結果

223件のアーカイブスが見つかりました。

条件:愛媛県 松山市 渇水

年代順で並び替える : |

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)7月~8月、干ばつのため、中予の平地部では農作物が大きな被害を受けた。松山地方の7月の降水量は25ミリ、8月は34ミリであった。 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)7月~8月、干ばつ。 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)7月~8月、干ばつ。(「愛媛県気象災害史」による) 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)、大干ばつのため、石手川では特定の井堰から時間を限って集中的に取水する大寄せ水が行われた。すなわち、一ノ井手・草葉両堰で34時間、寺井堰で51時間、徳力・小坂・斉院樋の3堰で25時間、中村・立花・佐古3堰で10時間の配分で、120時間(5... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)7月27日から8月30日にかけて、炎暑が続き、干害が広がった。この期間に松山の降水量はわずか2ミリだった。県内の水稲の被害のみでも35,168町歩に及んだ。 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)7月27日~8月30日、干ばつ。 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)7月27日~8月30日、干ばつ。(「愛媛県気象災害史」による) 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)春季以来、干ばつ。挿秧不能多く、挿秧したる田地は養水なく田面乾燥亀裂す。甘藷枯死、蔬菜萎縮、果物柑橘不実、電力減少、上水欠乏、かつ飲料水に窮す。故に旧井を深鑿し、あるいは突貫井戸を穿ちて飲料とし、島嶼は数里を距る地方に水を求むる等大いに苦し... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

image

昭和9年(1934)、何か月も雨の降らない日が続き、ひどい干害を受けた。農家の人の中には、少ない地下水を汲み上げ、杓ややかんで稲にかける人もいたが、稲はほとんど枯れ、収穫は平年の半分もなかった。この干ばつを契機に、松田喜三郎の提唱により、俵原池の建設工事が昭和... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)、大干ばつのため、石手川では特定の井堰から時間を限って集中的に取水する大寄せ水が行われた。すなわち、一ノ井手・草葉両堰で34時間、寺井堰で51時間、徳力・小坂・斉院樋の3堰で25時間、中村・立花・佐古3堰で10時間の配分で、120時間(5日... 続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 23