検索結果

29件のアーカイブスが見つかりました。

条件:愛媛県 西予市(三瓶町) 地震・津波

年代順で並び替える : |

明治24年の地震

明治24年(1891)10月16日7時6分頃、豊後水道南西部でM6.6の地震が発生し、大分県東部の被害が大きかった。南予の被害はほとんどなし。 続きを読む

安政4年の地震

安政4年(1857)8月25日辰の中刻、松山市高浜沖を震源とするM6.4の地震が発生した。この地震により、今治城の石垣が孕み、塀が倒れ、その他ところどころ破損した。また、郷町の潰家3戸、半潰8戸、死者1人で、松山でも被害があったらしい。大洲城内でもところどころ... 続きを読む

安政4年の地震

安政4年(1857)8月25日、地震う。 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日申の中刻、紀伊水道南方でM8.4の巨大地震が発生し、津波を引き起こした。西宇和郡の被害については記録がないが、「愛媛県管内津波被害調書」によれば、津波が到達した高さは、三瓶町及び川之石町では平均潮位より3.5m、伊方村では4.0m... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日夕七ツ半時より地大に震う。家屋が倒壊し、多くの人は竹林中に避難す。暮六ツ時に至りて、津波が襲来して家屋を浸潤する処あり。 7日四ツ半また大に震う。その後12月2日まで震動止まず。 続きを読む

安政元年の東海地震

安政元年(1854)11月4日、浜松南方洋上の南海トラフでM8.4の東南海地震が発生し、津波が房総から土佐の沿岸を襲った。震央、波源域の位置から、三瓶町では震害、浪害もほとんどなかったのではないかと考えられる。 続きを読む

文化9年の地震

文化9年(1812)3月10日夜6ツ半時、伊予灘東部でM6.9の地震が発生した。「松山史要」によれば、3月10日より15日まで地震が起こり、損害が多かった。三瓶町でも、ある程度の揺れはあったものと思われる。 続きを読む

明和6年の地震

明和6年(1769)7月28日八ツ時半、強震あり。(「宇和島御記録抜書」による)三瓶地域では、家屋の崩壊はなかったかも知れないが、相当の震度であったと思われる。 続きを読む

明和6年の地震

明和6年(1769)7月28日八ツ時半、強震あり。 続きを読む

寛延2年の地震

image

寛延2年(1749)4月10日四ツ時地大に震う。宇和島城楼破損、その他被害多し。 続きを読む

1 2 3