検索結果

69件のアーカイブスが見つかりました。

条件:高知県 中土佐町 火災

年代順で並び替える : |

昭和7年の大火

昭和7年(1932)2月20日、久礼町で大火、231戸全焼、罹災者1,057人。(高知新聞による) 続きを読む

昭和7年の火災

昭和7年(1932)2月20日20時30分、製材所より出火し、海岸を一なめし、231戸が焼失した。(「久礼読本」による) 続きを読む

昭和7年の大火

昭和7年(1932)2月20日午後8時30分、久礼町で出火、強烈な西風のため延焼したが、本町消防組の努力により、須崎、新荘、大野見、上ノ加江、仁井田の各消防組の応援を得て、翌日午前1時に鎮火した。焼失戸数は231戸、罹災人員1,057人、損害見積額15万円に及... 続きを読む

昭和7年の大火

昭和7年(1932)2月20日、久礼町浦分で大火、民家231戸焼失。 続きを読む

昭和7年の火災

昭和7年(1932)2月20日午前8時30分出火、11時頃鎮火、231戸焼失、罹災者1,057人、損害額15万円。(「中土佐町史」による) 続きを読む

大正15年の大火

image

大正15年(1926)1月17日、久礼町八幡宮で大火、木炭倉庫46棟焼失。 続きを読む

大正15年の火災

大正15年(1926)1月17日午前6時、久礼炭納屋より出火、納屋46棟焼失。(「中土佐町史」による) 続きを読む

大正15年の大火

大正15年(1926)1月17日午前6時、炭納屋から出火し、炭納屋46棟を焼失した。 続きを読む

大正6年の火災

大正6年(1917)6月24日、上ノ加江で火災、家屋6棟、納屋2棟焼失。(「中土佐町史」による) 続きを読む

大正5年の大火

大正5年(1916)4月24日、槇野々の邑の中心から出火し、強風にあおられ7戸をなめ尽くす大野見史上類を見ない大火となった。氏神二宮神社も焼失し、貴重な資料が灰に化したという。以来、毎年3月25日には火鎮祭が行われていると聞く。 続きを読む

1 2 3 4 5 6 7