検索結果

111件のアーカイブスが見つかりました。

条件:高知県 南国市 風水害

年代順で並び替える : |

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号が佐賀町付近に上陸し、土佐湾一帯に激甚な高潮被害をもたらした。被害は死者12人、不明者1人、傷者491人、建物全壊1,135戸、半壊17,627戸、床上浸水5,376戸、床下浸水12,907戸等であった。直轄区間では... 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日早朝、高知県に上陸した台風10号は南国市に大きな被害を与えた。住宅、公共施設、農作物等の損害総額は57億円余となった。市では激甚地の指定を受けて災害復旧を行った。 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号により、深渕の最高水位は警戒水位を0.7m上回る。南国市の被害が大きく、南国市の被害は全半壊1,339戸、一部破損、床上・床下浸水多数で、総被害額57億円に及んだ。物部川橋の橋脚の一部が沈下し国道55号が通行止めとな... 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号が土佐湾一帯に激甚な高潮被害をもたらした。被害は死者12人、不明者1人、傷者491人、建物全壊1,135戸、半壊17,627戸、床上浸水5,376戸、床下浸水12,907戸等であった。直轄区間では、久枝地先で越波した... 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号は土佐湾一帯に激甚な高潮被害をもたらした。被害は死者12人、行方不明者1人、負傷者194人、建物の全壊1,135戸、半壊17,627戸、床上浸水5,376戸、床下浸水12,907戸等となった。直轄区間では久枝地先で越... 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日早朝、台風10号が佐賀町に上陸し、県内を横断したため、強風と豪雨により、南国市内全域に多大な被害が出た。被害は一般住宅の全壊130戸、半壊1,209戸、一部破損6,000戸、床上浸水161戸、床下浸水2,700戸に及び、被害総額... 続きを読む

昭和39年の台風20号

昭和39年(1964)9月25日0時過ぎ、台風20号が宿毛市北方に再上陸した。24日夜半から25日未明にかけて、南国市の全域にわたり強風の被害が甚大で、なかでも風害、塩害による農作物の被害額は9億5千万円に達した。家屋の被害は全壊151戸、半壊299戸、一部破... 続きを読む

昭和38年の豪雨

昭和38年(1963)6月3日夜から4日朝にかけて、南方海上を通過した台風2号により梅雨前線が刺激され、豪雨となった。被害は南国市北部を中心に床下浸水20戸、耕地1,800町歩に及んだ。この時、国分川丹官堰左岸が決壊寸前となった。その後の6月11日の台風3号及... 続きを読む

昭和35年の台風16号

昭和35年(1960)8月29日午後2時頃、台風16号が土佐市宇佐に上陸し、南国市内では主に農作物に被害があった。 続きを読む

昭和29年の台風12号

昭和29年(1954)9月、台風12号による高波のため、香美郡前浜村、日章村、長岡郡三和村の海岸集落では土のうでつくった防潮堤が役に立たず、これを越して人家が波に洗われ、150戸、240人が避難し、恐怖の一夜を明かした。この時、土佐電鉄の物部川鉄橋、戸板島橋の... 続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9 12