検索結果

69件のアーカイブスが見つかりました。

条件:高知県 四万十町(十和村)

年代順で並び替える : |

昭和26年のケイト台風

昭和26年(1951)7月1日~2日、台風6号(ケイト台風)の中心が宿毛、土佐清水間に上陸し、須崎沖を通過。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海大地震。 続きを読む

昭和21年7月の台風

昭和21年(1946)7月29日、台風。窪川町の降雨は2日間で530ミリとなった。十和村の損害不詳。 続きを読む

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月21日~24日、洪水。大正町の雨量960ミリ、 続きを読む

昭和17年の干ばつ

昭和17年(1742)7月~8月、大干ばつ。大井川の河内大明神の「雨乞祈念ニ付棟札」によると、7月4日から8月11日まで照り続き、雨降らず、たびたび雨乞い祈念を行ったが、ますます照り続け、現在すでに稲作は所により出穂の見込みがない所もあり、畑作は全く枯れ、所に... 続きを読む

昭和17年の干ばつ

昭和17年(1942)7月から8月にかけて、大干ばつ。大井川の河内大明神の「雨乞祈念ニ付棟札」によると、7月4日から8月11日まで照り続き雨が降らず、このため度々雨乞い祈願をしたが、ますます照り、稲作は所により出穂の見込みがなく、畑作は全く枯れ所により収穫の見... 続きを読む

昭和12年の台風

昭和12年(1937)9月11日、台風。 続きを読む

昭和10年9月の台風

昭和10年(1935)9月24日、台風が土佐清水付近に上陸。 続きを読む

昭和10年の台風

昭和10年(1935)8月25日~28日、台風が土佐清水付近に上陸し、本県を斜断して高松方面に抜けた。田野々の雨量は2日間で660ミリに達し、幡多郡では死者5人、負傷者68人、全壊126戸、半壊473戸、流失193戸、浸水4,533戸の被害が出た。十和村では、... 続きを読む

昭和10年8月の台風

昭和10年(1935)8月25日~28日、台風が土佐清水付近に上陸し、本県を斜断して高松方面へ抜けた。田野々の雨量は2日間で660ミリに達した。幡多郡の被害は明治23年9月の洪水に次ぐものとなった。十川村では川上ほど水位が高く、田辺十川校訓導宅の前付近は浸水し... 続きを読む

1 2 3 4 5 6 7