検索結果

34件のアーカイブスが見つかりました。

条件:高知県 日高村

年代順で並び替える : |

慶応3年の洪水

慶応3年(1867)9月、大水により、江尻の井流(ゆな)が大破した。 続きを読む

慶応4年の洪水

慶応4年(1868)夏、出水により、江尻の井流(ゆな)が大破した。 続きを読む

明治6年の洪水

明治6年(1873)、出水により、樋門が流出した。 続きを読む

明治19年の豪雨

明治19年(1886)8月20日より21日にかけて豪雨により大出水となった。八田堰、鎌田堰の築造後すでに200年余を経過し、仁淀川の川底が著しく上昇したため、今までの堤防、樋門では洪水を食い止められず、日下、加茂500haは浸水した。最高水位は樋門の基盤(標高... 続きを読む

明治19年の洪水

明治19年(1886)8月20日から21日にかけて降雨が甚だしく、大出水となった。高知地方気象台記録によると、2日間の雨量は179ミリであったが、仁淀川上流地域の降雨が多量であったことと、八田堰・鎌田堰築造後200年余を経過し、仁淀川の河床が著しく上昇したため... 続きを読む

明治44年の洪水

明治44年(1911)8月15日、大洪水により、水門の一つは崩壊閉塞し、他の一条で排水したが、遅々として進まず、ちょうど稲作の結実期であり、高橋巽村長は大英断をもって堤防の上部を穿ち、水の排出を図った。 続きを読む

明治44年の洪水

明治44年(1911)8月15日、大洪水により、神母水門の一部が崩壊した。 続きを読む

大正10年の洪水

大正10年(1921)、大洪水。 続きを読む

大正10年の洪水

大正10年(1921)、大洪水に襲われた。 続きを読む

昭和2年の洪水

昭和2年(1927)、仁淀川の洪水により、加茂村(現日高村)では2階の上まで浸水した。 続きを読む

1 2 3 4