検索結果

72件のアーカイブスが見つかりました。

条件:徳島県 三好市(池田町) 風水害

年代順で並び替える : |

平成16年の台風21号

平成16年(2004)9月30日0時40分頃、台風21号による降雨のため、池田町西山字坪尻の国道32号で路肩の崩壊が発生した。路肩を頭部とする崩壊の規模は幅20m、斜長20m、厚さ2~3mにわたり、路側擁壁(高さ1.5m)は滑動した。なお、車道及び山側法面には... 続きを読む

昭和49年の台風18号

昭和49年(1974)9月8日午後から9日未明にかけて、台風18号により、池田町では379ミリの降水量があった(ハヤシ浄水場調べ)。池田町では、居宅の全壊4戸、半壊2戸、床上浸水107戸、白地での国道陥没8m、県道・町道の破損228箇所、田畑の流失・埋没2ha... 続きを読む

昭和34年の台風6号

昭和34年(1959)8月8日、台風6号により、松尾川流域で被害、400ミリを記録。 続きを読む

昭和34年の台風6号

昭和34年(1959)8月8日、台風6号により、松尾川流域で被害、400ミリを記録。 続きを読む

昭和29年の台風15号

昭和29年(1954)9月26日、台風15号により、降雨量は約400ミリを記録し、風も強かった。吉野川は増水し、祖谷川の増水は特に甚だしかった。この時には出合橋の上から手を洗ったと言われ、付近の人家が2、3軒流失した。また、川崎橋の橋板が強風のために吹き飛ばさ... 続きを読む

昭和29年の台風12号

昭和29年(1954)9月14日の台風12号は風よりも雨量が多く、吉野川、祖谷川は大増水となった。15日の明け方には各川は最高の増水を示し、今までの最高水位よりも30cm高いところまで増水した。新設の三縄中小学校の運動場がほとんど破壊されて、根石から流失した。 続きを読む

昭和29年の大雨

昭和29年81954)6月29日~30日、四国地方に梅雨前線が停滞し、剣山山系に大量の雨を降らせた。特に29日夜から30日朝にかけての15時間ほどの間には、雷を伴い多雨地で降雨量は200ミリを超えた(川口292ミリ、祖谷241ミリ、大歩危238ミリ、池田200... 続きを読む

昭和26年10月の台風

昭和26年(1951)10月17日、台風により、山城谷村と三縄村を中心に被害が出た。三縄村では民家のほか、役場隣の公会堂が倒壊し、仙石橋、山貝橋(いずれもつり橋)が吹き飛ばされ、各小学校の屋根瓦・窓ガラスも大きな被害を受けた。(「徳島新聞」による) 続きを読む

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月14日~15日、ルース台風(台風15号)により、三好郡の山狭地帯、特に山城谷、祖谷などでは突風があり、住家の倒壊、人の死傷などの被害を出した。人的被害は山城谷村で死者2人、負傷者10人、三縄村で死者1人、西祖谷山村で負傷者3人に及び... 続きを読む

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)9月15日、ルース台風により、夜半から風が強くなり、一時は風速40mを超えていた。夜が明けると、樹木は倒れ、山は崩れ、人家は倒れ、死人が出るなど悲惨であった。被害は死者が大利で1人、倒家は大利で6戸、中西で4戸、漆川、川崎、松尾で各1戸で... 続きを読む

1 2 3 4 5 6 8