検索結果

11件のアーカイブスが見つかりました。

条件:徳島県 北島町

年代順で並び替える : |

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)の南海地震では、立って歩けないほどの揺れで、北島南小学校の講堂が倒壊、住居や納屋が倒壊、地面に亀裂や液状化、堤防にひびが入るなどの被害があったが、火災は発生しなかった。(平成24年に北島町教育委員会が町内で行った聞き取り調査による) 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月23日、洪水により、北島村では旧吉野川・今切川の堤防が各所で寸断された。最低地部の老門・太郎八須地区では、川から潮水が流入するのを防ぐため応急の仮止工事が行われ、本格的な復旧工事は大正2年(1913)から県費補助(6割)を受けて着工され... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月21日の洪水は、明治35年(1902)の洪水よりも約1尺ないし1尺4、5寸水嵩が高かった。大正元年の大水に関する15人の村人の記録が記されている。水害時の様子や水が引くまでの人々の暮らしなどが描かれている。 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月21日~22日に徳島県南岸から阪神に上陸した台風により、徳島では21日昼から翌日早朝までに600ミリを超える雨量のところもあり、沿岸部では高潮の被害があった。県内の死者81人、床下・床上浸水43,067棟、板野郡では27人が亡くなった。... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)、洪水。北島町には洪水痕跡が多く残っている。 続きを読む

明治35年の洪水

明治35年(1902)、寅年の大水が発生した。この年の大水は嘉永2年の洪水よりも約1尺水嵩が高かった。鯛浜村だけで溺死者が17、18人という。 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)8月7日、未曾有の洪水により破堤し、鯛浜付近で損田15町歩、秋作田畑皆無、転家流失家屋数十戸、流死数十人の被害が出た。(「板野郡誌」による) 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日、5日の大地震により、鯛浜村では180軒のうち75軒が潰家となった。鯛浜村では地割れの裂け目に2匹の馬が入り込み、人々が掘り出したものの、死んでしまった。また、新喜来村の庄屋宅では馬家から娘が馬を出そうとしていたが、馬家が潰れて即... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)、地震が発生した。徳島の地震は断続的に7日間続いたと伝えられている。北島町では連日にわたる大地震に人々は家を飛び出し、籔などに避難して野宿し、飢えと渇きに苦しんだ。人命を失うことはなかったが、田畑に亀裂が入り、水路の埋没や家屋の倒壊も少なく... 続きを読む

嘉永2年の阿呆水

嘉永2年(1849)、酉年に阿呆水と呼ぶ洪水が発生した。 続きを読む

1 2