検索結果

26件のアーカイブスが見つかりました。

条件:徳島県 阿南市 土砂災害

年代順で並び替える : |

平成12年9月の大雨

平成12年(2000)9月8日~16日、台風14号と15号及び秋雨前線により大雨となった。伊島と富岡で床上浸水3戸、椿泊町東で裏山崩壊、蒲生田で11日に降水量464ミリ、最大時間降水量57ミリを観測している。 続きを読む

平成11年6月の大雨

平成11年(1999)6月29日~30日、低気圧が山陰沖を東北東に進み、梅雨前線に向かって南から暖湿気が流入し、発達した雨雲が県南部から那賀川中流域などに流入し、長時間にわたり大雨を降らせた。太竜寺山では29日11時に時間雨量87ミリを記録した。桑野川沿いでは... 続きを読む

平成9年9月の大雨

平成9年(1997)9月6日、東シナ海の低気圧から瀬戸内海付近にのびる前線が停滞し、南海上から暖かく湿った空気が流入したため、徳島県では局地的に強い雨が降り大雨となった。阿南市太竜寺山では6日に日降水量161ミリを観測した。JR牟岐線が運休し、阿南市で家屋の一... 続きを読む

昭和60年の永井町の山腹崩壊

昭和60年(1985)7月2日の大雨で水井町の県道大井~中島線で山腹が崩壊し、約200立方mの土砂が道路を埋めた。 続きを読む

昭和60年7月の大雨

昭和60年(1985)7月2日~3日、台風6号が遠ざかった後、梅雨前線が北上して大雨が降った。総降水量の最大値は宍喰で153ミリ、日降水量の最大値は宍喰で3日に79ミリであった。台風6号の雨による地盤の緩みと今回の大雨により、2日10時15分頃、阿南市水井町の... 続きを読む

昭和60年7月の大雨

昭和60年(1985)7月2日~3日、台風6号が遠ざかった後、梅雨前線が北上して大雨が降った。総降水量の最大値は宍喰で153ミリ、日降水量の最大値は宍喰で3日に79ミリであった。台風6号の雨による地盤の緩みと今回の大雨により、2日10時15分頃、阿南市水井町の... 続きを読む

昭和57年8月の大雨

昭和57年(1982)8月2日夜から3日にかけて、台風9号崩れの低気圧が四国の南海上を通過したため、県南部を中心に大雨が降った。総降水量の最大値は日和佐で144ミリ、日降水量の最大値は日和佐で3日に115ミリを観測した。3日6時45分、阿南市加茂町では山肌が崩... 続きを読む

昭和57年8月の大雨

昭和57年(1982)8月2日夜から3日にかけて、台風9号崩れの低気圧が四国の南海上を通過したため、県南部を中心に大雨が降った。総降水量の最大値は日和佐で144ミリ、日降水量の最大値は日和佐で3日に115ミリを観測した。3日6時45分、阿南市加茂町では山肌が崩... 続きを読む

昭和55年の洪水

昭和55年(1980)6月7日~9日、梅雨前線により、橘町鵠川氾濫、福井町中連山崩れ他。 続きを読む

昭和47年の大雨

昭和47年(1972)7月4日~6日、日本海をゆっくり東に進む低気圧に向かって東シナ海から湿った暖気が流入し、西日本では雷を伴った局地的大雨が群発した。高知県繁藤の山崩れなどで生き埋め事故が続発した。県内でも阿南市を中心に家屋の浸水、山崩れなどの被害が出た。(... 続きを読む

1 2 3