検索結果

60件のアーカイブスが見つかりました。

条件:愛媛県 四国中央市(土居町) 風水害

年代順で並び替える : |

平成16年の台風15号

平成16年(2004)8月18日~23日、台風15号により、瀬戸内海沿岸を中心に大雨に見舞われた。特に東予地方では関川~新居浜間を中心に土砂流入や築堤崩壊等の線路被害が続出した。この影響で18日から6日間、川之江~新居浜間でバス代行輸送を実施した。また、関川・... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日、第二室戸台風(台風18号)により、宇摩郡土居町藤原の古子川の堤防が決壊した。写真1枚。 続きを読む

大正9年の台風

大正9年(1920)9月、暴風雨により洪水。(「新居郡誌」等による) 続きを読む

大正7年の台風

大正7年(1918)9月、暴風雨により洪水。(「新居郡誌」等による) 続きを読む

大正4年の台風

大正4年(1915)9月、暴風雨により洪水。(「新居郡誌」等による) 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月、暴風雨により洪水。(「新居郡誌」等による) 続きを読む

明治40年の台風

明治40年(1907)、暴風雨。(「新居郡誌」等による) 続きを読む

明治38年の水害

明治38年(1905)、水害。(「新居郡誌」等による) 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日~29日、暴風雨のため被害多し。別子銅山の死者512人、負傷者26人。(「新居郡誌」等による) 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日の暴風雨は、関川、西谷川、浦山川などの堤防を流し、田畑、家屋を損壊し流失させた。この暴風雨災害は「銅山時化」と呼ばれる。それは、銅山川の出水が別子銅山を襲い、512人という死者を出す大惨事が起こったためである。 続きを読む

1 2 3 4 5 6