検索結果

57件のアーカイブスが見つかりました。

条件:愛媛県 宇和島市 地震・津波

年代順で並び替える : |

平成13年の芸予地震

平成13年(2001)3月24日、M6.7の芸予地震により、広島県や愛媛県中予・東予を中心に死者2人、負傷者287人の被害が出た。宇和島では震度5弱を観測したものの、南予では大きな被害は発生しなかった。 続きを読む

昭和58年の地震

昭和58年(1983)8月26日、国東半島を震源とするM6.8の地震により、宇和島市保田の生コン会社で高圧線がショートする被害が出た。 続きを読む

昭和43年の宇和島和湾地震

昭和43年(1968)8月6日、宇和島湾地震が発生し、余震が一ヶ月近く続いた。 続きを読む

昭和43年の宇和島地震

昭和43年(1968)8月6日1時17分、宇和島湾を震源とするM6.6の地震が発生した。震度5以上の範囲は豊後水道を中心とした狭い地域で、被害は愛媛県で多発し、宇和島湾では重油タンク破損の被害があった。 続きを読む

昭和43年の宇和島地震

昭和43年(1968)8月6日、宇和島地震により、市内の棚上の物品が倒壊し、ガラスの破損が大であった。 続きを読む

昭和43年の日向灘地震

昭和43年(1968)4月1日、日向灘地震で、宇和島震度4。 続きを読む

昭和43年の日向灘地震

昭和43年(1968)4月1日9時42分、足摺岬沖を震源とするM7.5の日向灘地震が発生し、愛媛県南部に被害が起こった。この地震による津波は地震発生後30分で宇和島に到達し、宇和島検潮所では46cmを記録した。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分、紀伊半島沖を震源とするM8の南海道地震が発生した。この地震に伴い、宇和海沿岸にも津波が襲来し、被害を受けた・宇和島検潮所では地震発生後約30分で津波の第一波が到達し、最大の津波高1.3mが観測された。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、宇和島市では周辺より群を抜いて29cm沈下した。その被害及び宇和島の市勢に及ぼした影響は想像外に大きい。宇和島市の被害額は道路2,406万円余、都市7,570万円余、農耕地3,483万円余、漁港5億8,141... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震による津波が発生した。この研究では、昭和南海津波の性質を検討し、防災対策に役立てることを目的として、水路部が1947年1月から5月にかけて実地調査し公表した潮位記録をもとに、昭和南海津波の振動特性の解析を行っている。... 続きを読む

1 2 3 4 5 6