検索結果

18件のアーカイブスが見つかりました。

条件:愛媛県 愛南町(西海町)

年代順で並び替える : |

昭和46年の台風23号

昭和46年(1971)8月29日午後11時50分、台風23号は佐田岬に上陸し、30日午前6時に日向灘に達した。当地方では午後3時~6時に南東や南南東の風が猛烈に吹いたが、10時に風力が弱まった。被害は大したことがなかった。(坂本成之氏の記録による) 続きを読む

昭和44年の台風9号

昭和44年(1969)8月22日、台風9号が襲来し、当地方で30m以上の風が吹き、麦ヶ浦東組の屋根瓦は大半が飛ばされた。しかし、この台風の進行速度が速かったのが不幸中の幸いであった。(坂本成之氏の記録による) 続きを読む

昭和29年の洞爺丸台風

昭和29年(1954)9月26日、洞爺丸台風により、南宇和郡西海町の船越海岸で家屋が倒壊した。写真1枚。 続きを読む

昭和8年の台風

昭和8年(1933)、台風により久良漁船遭難、西海町鹿島沖で死者11名。 続きを読む

大正9年8月の台風

大正9年(1920)8月15日昼前から雷雨となり、麦ヶ浦では山は崩れ、川溝は土砂で埋もれるなど大惨事となった。内泊より青年団30人が加勢に来て、土砂の取り除きにあたった。(坂本成之氏の記録による) 続きを読む

大正9年6月の集中豪雨

大正9年(1920)6月30日夜、集中豪雨となり、午後10時頃に本谷の中腹あたりで山津波が起こり、武者泊は土砂に埋まってしまった。暗闇の中で逃げ惑う人々の中には泥水に押し流される者もあり、大騒動となった。翌日午前3時頃に山津波はおさまり、夜明け頃には集中豪雨も... 続きを読む

大正3年の台風

大正3年(1914)7月24日~25日、台風が襲来し、下久家で新築後の住宅が倒壊し、死者2人を出した。 続きを読む

明治42年の暴風

明治42年(1909)8月、暴風により、高知県沿岸に出漁していた西・南宇和郡の漁船が転覆し、死者・行方不明53人となった。 続きを読む

明治29年の火災

明治29年(1896)8月13日、西外海村船越の中心部から火災が発生し、50余戸を焼失する大火事となった。 続きを読む

万延元年の火災

万延元年(1860)、福浦で失火、2戸を余す。 続きを読む

1 2