検索結果

21件のアーカイブスが見つかりました。

条件:愛媛県 松山市 土砂災害

年代順で並び替える : |

平成16年の台風21号

平成16年(2004)9月29日午後4時25分頃、台風21号による降雨のため、松山市久谷字つづら川の国道33号で斜面崩壊が発生した。発生源は路面から27mの高さに位置し、幅約10m、斜面長さ30m、厚さ最大約4.0m程度で約100立米の規模であった。災害発生時... 続きを読む

平成13年の豪雨

平成13年(2001)6月、梅雨前線により、松山市で連続雨量250ミリに達し、豪雨災害が発生した。被害は死者1人、全壊2戸に及んだ。松山市北東部の柑橘園で斜面崩壊と土石流が多発した。崩壊が発生した地点の地質はまさ土ならびに和泉層群の風化土であった。 続きを読む

平成13年の土砂災害

平成13年(2001)3月24日、芸予地震により、松山市湯山柳で高さ約10m、幅約15mにわたり崩壊した。 続きを読む

平成3年の土石流

平成3年(1991)7月5日午後3時30分頃、松山市の長谷川で土石流が発生し、3人の命を奪い、下流部の数戸の家屋を全半壊させた。本研究では、土石流の流砂量に関する実験的考察を行った上で、長谷川で発生し下流域で被害を与えた土砂流による堆積土砂量が推定されている。... 続きを読む

平成3年の土石流

平成3年(1991)7月5日午後3時15分頃、松山市上伊台町の坊ノ奥川で土石流が発生し、3人の命が奪われた。松山地方では4日から降り出した降雨が5日12時までに111ミリに達した(石手川ダム地点)。降雨終了から約3時間後に土石流が発生し、家屋1戸が全壊し、中に... 続きを読む

昭和54年の集中豪雨

昭和54年(1979)6月17日から7月1日までの雨量は480ミリ、山間部では600ミリを超えた。特に6月30日には1時間当たり100~150ミリの集中豪雨となり、各地で山崩れや河川の氾濫により、多くの被害が出た。土居谷川上流では河川の決壊や水田の流出が80箇... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日~13日、台風17号の接近により日本列島に停滞していた前線が刺激され、東予地方を中心に1,000ミリを超える大雨が降った。北条市では、9月8日午前10時の降り始めから13日午前9時までに、市役所で398ミリ、立岩小学校で527ミリ... 続きを読む

昭和43年の地震

昭和43年(1968)8月6日、地震(M6.6)により、停電約12万戸、負傷15名、道路損壊13箇所、山崩れ・がけ崩れ33箇所、鉄道通信施設にも被害。 続きを読む

昭和33年の土砂崩れ

昭和33年(1958)5月13日、南吉田町の鯛崎山の頂上から土砂崩れが始まり、午前9時半頃、大きな音を立てて岩石が落ちてきた。このため、ふもとの帝人工事現場の飯場にいた約150人が避難した。山頂からふもとにかけて大きな裂け目ができており、15日夜9時に再び崩れ... 続きを読む

昭和27年7月10日の豪雨

昭和27年(1952)7月10日夕刻、強い梅雨前線が中予に停滞して集中豪雨となり、東予・中予地方では11日朝にかけて100ミリ以上の雨が降った。この豪雨により、各地で山崩れ、堤防決壊等が続出した。北条市の被害は、床上浸水45戸、田畑の流失・埋没36.5ha、冠... 続きを読む

1 2 3