検索結果

6件のアーカイブスが見つかりました。

条件:高知県 田野町 地震・津波

年代順で並び替える : |

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時15分、南海地震が発生した。田野町では家屋が少しゆがんだり、壁土が落ちたり、塀が倒れるものが多かった。塀の倒壊のため1人が圧死した。海岸汀線が隆起したので、井戸水も少し浅くなった。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日未明、南海地震が発生。高知県内で、死者670人、負傷者1,836人、行方不明9人、住宅の全壊4,834戸、半壊9,041戸、過多くの浸水5,608戸などの被害が出たが(「南海大震災誌」による)、田野町では特筆するほどの被害はな... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日午後4時大地震が起こり、午後5時頃大津波があり、人々は西福寺や岡地の藪の中に避難したが、強震のため歩行も困難で、空飛ぶ鳥も地に落ちたと伝えられている。この時、米屋は酒造米を避難の人たちに施したという。 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、地震が起こり、翌朝まで10回余りの大津波が寄せ、町辺の家は非常な被害を受けた。日本で記録された最大の地震である。 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月、大地震があり、夜半に大津波が起こって、田野平野は一面に海水が入り、潰家や死者も相当あったようである。 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、大地震があり、「続日本記」によると、「土佐国の田苑五十余万頃(五十万町)没して海となる」と記されている。 続きを読む