検索結果

101件のアーカイブスが見つかりました。

条件:高知県 田野町

年代順で並び替える : |

宝暦7年の火災

宝暦7年(1757)10月29日夜ハツ時(午前2時)、上地で火災が起こり、家5軒が全焼した。 続きを読む

宝暦10年の台風

宝暦10年(1760)9月10日夜から11日にかけて大風、大浪。22日夜より大風雨、23日夜8ツ時(午前2時頃)より大洪水のため、田野の町中では庭まで水が入ったが、この度は浪が来ない港口を大きく開いて早く水を引き落すことができた。(「世用日記」による) 続きを読む

宝暦12年の洪水

宝暦12年(1762)6月25日から26日の大雨、大洪水により、渡場の大堤3、40間切れ、水門より下が残らず決壊した。町中に水入り、騒動は夜5ツ時から四ツまで(午後8時頃から10時頃)続いた。保佐や材木は散乱し、田の損害も所々あった。(「世用日記」による) 続きを読む

明和元年4月の洪水

明和元年(1764)4月13日、大雨による出水で、荒神の後の堤防が決壊し、取り苗が流失した。(「世用日記」による) 続きを読む

明和元年5月の洪水

明和元年(1764)5月9日夜、大雨風により堤防が決壊した。(「世用日記」による) 続きを読む

明和元年7月の洪水

明和元年(1764)7月14日~15日、大雨風、大洪水により堤防決壊し、田野水門より下は大きな被害を受けた。田野分へ保佐や材木が通り、中川原の畑に水入り、樋口の五反地が流れ底土がなくなった。(「世用日記」による) 続きを読む

明和元年の風雨

明和元年(1764)7月14日~15日、大風雨、大洪水により、田野水門より下の堤防が切れ、保佐や材木が平野に入り、田地が埋まるところがあった。 続きを読む

明和元年の風雨

明和元年(1764)7月14日~15日、風雨、大洪水により、田野水門より下の堤防切れ、材木、保佐入り、田畑を埋める。(「田野文化史」による) 続きを読む

明和2年の洪水・高潮

明和2年(1765)8月2日~3日の大風雨、大洪水、大浪により、田野町に水が入り、大橋、新町橋が落ちた。橋本の家が3軒波に流され、東町では潰家が数々あった。8月8日夜にも大暴風雨があり、被害は甚大であった。 続きを読む

明和2年8月2日の台風

明和2年(1765)8月2日~3日、大風水、町に汐入、大橋、新町橋落ち、橋本の家3軒流る、東町潰家数々。(「田野文化史」による)奈半利町史には「大洪水大波、堤防切れ水は庄屋の庭まで、流家数々」と記されている。 続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9 11