検索結果

380件のアーカイブスが見つかりました。

条件:高知県 須崎市

年代順で並び替える : |

天武13年の地震

天武天皇13年(684)、大地震が起こった。日本書紀によると、、「人定に至りて、大きに地震る。国こぞりて男女叫び唱いてまどいぬ。則ち山崩れ河湧く。諸国の郡の官舎及び百姓の倉屋、寺塔神社、破壊之類あげて数うべからず。是によりて人民及び六畜多く死傷す。(略)土... 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、地震が発生した。日本書紀によると、人定(午後10時)にいたって「山崩れ河湧き、諸国の郡の官舎及び百姓の倉屋、寺塔、神社、破壊之類あげて数うべからず」とあり、これにより人畜の死傷も多数に及んだようである。また、「時に伊予の温... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日、地震が発生した。日本書紀によると、人定(午後10時)にいたって「山崩れ河湧き、諸国の郡の官舎及び百姓の倉屋、寺塔、神社、破壊之類あげて数うべからず」とあり、これにより人畜の死傷も多数に及んだようである。また、「時に伊予の温... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武13年(684)10月14日、M8.4の地震が起こり、記録に残る我が国最古の津波が高知沿岸を襲った。日本書紀によると、午後8時頃に大地震が起こり、高知をはじめ南海・倒壊・西海諸道の役所、神社や寺が壊れ、人や家畜に多くの被害が出た。今の道後温泉にあたる伊予の... 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、南海道沖大震(M8.4)。日本書紀によると、「山崩、河濡、諸国郡官舎、及び百姓倉屋、寺塔、神社、破壊之数、不可勝数」とあり。また、「土佐国田苑五十余万頃没為海」、すなわち黒田郡と称して足摺から室戸に至る土佐海岸の陸地が陥没した... 続きを読む

天平6年の地震

天平6年(734)5月18日、奈良、畿内七道で地震(M7.0)。 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、M8.6の地震が発生した。建築物の倒壊、多くの死傷者を出した。津波を伴っているので、外側地震帯の活動であることは間違いない。土佐でも被害が起こっているはずであるが、当時の事情を伝える口碑、言い伝えはほとんど残っていない。 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、M8.6の地震が発生した。建築物の倒壊、多くの死傷者を出した。津波を伴っているので、外側地震帯の活動であることは間違いない。土佐でも被害が起こっているはずであるが、当時の事情を伝える口碑、言い伝えはほとんど残っていない。 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、紀伊半島沖を震源とするM8.6の大地震により、京都で官庁、寺院が多数倒壊し、多くの圧死者を出した。また、大津波が四国、紀伊半島及び大阪湾一帯を襲い、多くの溺死者が出たが、中でも大阪の被害が最も大きかったようである。震源、地震の規模... 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、京都、五畿七道で地震(M8.6)。 続きを読む

1 2 3 4 5 6 38