検索結果

5729件のアーカイブスが見つかりました。

条件:高知県

年代順で並び替える : |

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日、諸国地震、土佐国最も激しく、田苑50余万頃没して海となり、津波を伴う。伊予の温泉止まる。土佐国吾川郡、長岡郡、高岡郡、幡多郡の各地に「黒田郷」水没の伝承あり。/史料掲載:「土佐大震記」、「補訂十市村古事考」、「日本の地震と... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日、地震が起こった。土佐では田地50万頃が陥没して海になったと言われている。現在の久礼湾もこの時の陥没によってできたようである。 続きを読む

天武天皇13年の地震

image

天武13年(684)10月14日、地震が発生した。日本書紀には「土佐国の田苑五十余万頃、没して海となる。」と記されており、このことは「五社鎮座傳記」(甲把瑞益著)にも引用されている。この地震により黒田郷の沈没などが伝承されているが、志和の諏訪神社は白鳳の地震で... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日、日本書紀によれば、大地震が起こり、諸国の官舎、民屋、寺塔、神社の倒壊するもの数知れず、人畜の損害も少なからず、「時に伊予の温泉没して出でず土佐国の田苑五十万頃(約1,157町歩)没して海となる」と記されている。、 続きを読む

天武13年の地震

天武13年(684)10月14日、南海道沖大震により、建物の破壊、人畜の死傷多く、土佐の田畑12平方km海となる。津波あり。 続きを読む

天武13年の地震

天武13年(684)10月14日、M8.4の白鳳の地震が発生した。日本書紀によると、「人定まるに及んだ大地震あり、挙国の男女わめき叫びて東西を知らず、山崩れ河涌き、宿舎、民屋、寺塔、神社の破壊されるもの算なく、人畜の死傷おびただしく、伊予の温泉は没して出なくな... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(1684)10月14日、大地震ありて、男女の叫唱東西を知らず、山崩れ河湧き人畜多く死傷す、土佐国の田苑50万頃没して海となる。(「紀事略」による) 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日22時頃、M8.4の地震が発生した。この地震により、日本書紀によると「土佐国田苑五十万余頃没為海」となった。地盤沈下した50万余頃の場所については諸説あり、東京大学の今村明恒博士は昭和16年に高知市東方(下知から大津・介良の... 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、大地震が発生した。「続日本記」には「土佐国の田苑50余万項没して海となる」と記されており、伝説では室戸岬から足摺岬の間にあった4郡、あるいは黒田郡が陥没したいう。 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武13年(684)10月14日、大地震(M8.4)が発生した。有史以来の最初の巨大地震である。「日本書紀」には、「冬十月十四日任辰、亥の時に及んで、大いに震う。国を挙げて、男女叫びまどいぬ。則、山崩れ、河湧き、諸国郡官舎、及び百姓倉屋、寺塔、神社、破壊の数、... 続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 573