昭和51年の台風17号

災害年月日
1976年09月08日
市町村
徳島県美馬市(穴吹町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和51年(1976)9月8日から13日にかけて来襲した台風17号は、穴吹町は大被害を受けた。特に古宮・口山地区の被害は甚大であった。山間部の降雨量は約2,000ミリに達し、古宮や口山では山腹の崩壊や河川の氾濫によって、家屋が押しつぶされたり流されたりして、死者1人、行方不明1人、家屋の全壊78戸、半壊199戸、罹災者数1,004人という被害となった。この他、通信施設、道路、水道が崩壊し、田畑が埋没・流出して、ところによっては集落が全滅するような大惨事となった。激甚災害の指定を受けた。
地理院地図
Googleマップ
備考
古宮には災害復旧記念碑が建立されている。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
穴吹町誌編さん委員会編「穴吹町誌」(穴吹町、1987年)、611-629頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 古宮 口山 死者 激甚災害
NO.
徳島666

よく似た災害

昭和50年の台風6号

昭和50年(1975)8月22日~23日未明に襲った台風6号は、剣山に800ミリ以上の豪雨を降らし、穴吹川に大氾濫を引き起こした。被害は、死者1人、負... 続きを読む

昭和49年の台風16号

昭和49年(1974)9月1日、台風16号が南国市を直撃した。久枝海岸の防潮堤は長さ200mにわたって決壊し、稲生地区では下田川の高潮が逆流して泥海に... 続きを読む

昭和25年のキジア台風

昭和25年(1950)9月、キジア台風により、稲作は大被害を受けた。村の生産目標の2割5分、また風害に誘発された病虫害を加えて、村の耕地の4割4分が被... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)9月8日午前6時頃から風雨が強くなり、8時には猛烈な風となった。この暴風雨により、室津港開港時に植え付けた大松は無惨にも根元から... 続きを読む

昭和6年の台風

昭和6年(1931)9月26日、台風が九州と山陰の西海岸をかすめて北東進した。徳島県では25日、26日に那賀川以南で降雨が多く、小河川の氾濫によって局... 続きを読む