大正7年の台風

災害年月日
1918年07月10日
市町村
徳島県美馬市(木屋平村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
大正7年(1918)7月10日~13日の台風により、川上中枝谷では山津波が起き、家屋2戸が土砂に押し潰され、田畑6反余が流失した。木屋平の地域住民は総出で埋没物や土砂の除去作業を行い、石垣を積み、外側に高さ1.5m、内側に3mの信玄堤を造り、将来の災害に備えた。なお、現在は農道ができたため、信玄堤はなくなった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
木屋平村史編集委員会編「改訂 木屋平村史」(木屋平村、1996年)、582頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山津波
NO.
徳島667

よく似た災害

大正元年の山崩れ

大正元年(1912)8月21日、暴風雨の夜半、冨士権現下の山麓が高さ10m、幅10mにわたって崩壊し、住家3軒が土砂に押しつぶされた。村民総出で埋没物... 続きを読む

大正9年8月の台風

大正9年(1920)8月15日昼前から雷雨となり、麦ヶ浦では山は崩れ、川溝は土砂で埋もれるなど大惨事となった。内泊より青年団30人が加勢に来て、土砂の... 続きを読む

天保5年の台風

天保5年(1834)、暴風雨があり、平井出水に多量の土砂が崩れ込んだ。平井出水の「出水ざらえ」と称する土砂の浚渫については、昔から下林村(高松市林町)... 続きを読む

昭和49年の台風8号

昭和49年(1974)7月6日~7日、台風8号により、引田町で350ミリに達する記録的な集中豪雨となり、志度町内の常時冠水地区である家屋密集地域で排水... 続きを読む

平成19年の台風4号

平成19年(2007)7月15日、台風4号の影響で、県内各所で路面冠水や土砂崩れなどが相次ぎ、小川~角茂谷間が全面通行止めとなった。 続きを読む