昭和45年の台風10号

災害年月日
1970年08月21日
市町村
徳島県神山町
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和45年(1970)8月21日午前7時過ぎ、徳島県全域が台風10号の暴風雨圏に入った。午前8時半頃に阿野字五反地で山崩れにより家屋が倒壊し、2人が死亡した。このほか、負傷者1人、住宅全壊3戸、半壊8戸、一部損壊23戸、床下浸水89戸の被害をもたらした。(「徳島新聞」、「広報かみやま」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
神山町史編集委員会編「神山町史 下巻」(神山町、2005年)、435-436頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 阿野 山崩れ 死者
NO.
徳島686

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時過ぎ、大地震が起こった。津波により高知市の東部で2千町歩の水田が埋没した。また、中村市街地の被害が甚大で、中... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、南海道地震が起き、四国一帯は震度5の強震だった。脇町警察所管内では死者10人、負傷者4人、家屋全壊2... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日~12日の台風17号により、5日間の降水量は三反地で603ミリ、鈍川木地で1,001ミリを記録した。山崩れ、地すべりが続... 続きを読む

昭和31年のエマ台風

昭和31年(1956)9月10日のエマ台風により、住宅全壊2戸、半壊1戸、非住家半壊1戸。(「徳島新聞」による) 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日~13日、台風17号により、負傷者7人、住宅の全壊1棟、半壊4棟、一部破損3棟、床上浸水8棟、床下浸水52棟、断水350... 続きを読む