安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
徳島県三好市(井川町)
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月4日巳の上刻(午前10時過ぎ)地震が起こったので、人々は戸外に走り出て、注意深い人は火の片付けをしたりしたが、煙草を5、6服のむ間に止んだ。夕方、大地震となり、家がギチギチしたり、寺の鐘は樹木に突き当たり鳴り出したり、婦人、子どもが泣き出したり、世間騒々しくなり、人々は心配して金比羅神社や箸蔵大権現に願をかけたり、神仏の加護を願った。5日7ツ時には大分揺り出して、その晩5ツ半頃には前代未聞の大地震が起こり、樹木が大地を払い、飛ぶ鳥も落ちた。余震が続いた。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
山下待夫著「辻風土記」(水石社、1935年)、584-586頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震
NO.
徳島755

よく似た災害

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日巳上刻(午前10時頃)、大地震があり、人々は戸外に走り出て、注意深い人は火の片付けをする者もいたが、煙草を4、5服のむ間... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日巳上刻(午前10時頃)、大地震があり、人々は戸外に走り出て、注意深い人は火の片付けをする者もいたが、煙草を4、5服のむ間... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日午前9時頃、大地震が起こり、翌5日夜明けまで地震が5、6度に及んだ。5日8時頃大震、12月にも強震がった。人々は竹藪の中... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、5日、大地震と津波。「立田村誌」によると、4日では第二震の時の津波が高く、立田近くまで押し寄せてきたため、人々は山田方... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日巳の上刻(午前10時過ぎ)、大地震あり。5日7ツ時(午後4時~5時)かなり揺り出し、5ツ半(午後9時)に前代未聞の大地震... 続きを読む