大正13年の干ばつ

災害年月日
1924年07月00日
市町村
徳島県三好市(山城町)
災害種類
渇水  
概要
大正13年(1924)7月から8月にかけて、政友名をはじめ所々で雨乞いの祈祷をした。末貞名では三名村野鹿の池に水をもらいに行った。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
近藤辰郎編「山城谷村史」(山城町、1959年)、48頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 雨乞い 政友 末貞
NO.
徳島820

よく似た災害

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)、三好郡で旱害、特に三名村で甚だし。しかし、三名村長の発案で行った備荒積立金が役立って、53戸176人が救助を受けた。 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)夏、雨がなく日照り続きであった。三名村では甘藷、とうもろこし、きび類頭が実らず枯死した。 続きを読む

文化14年の干ばつ

文化14年(1817)7月、日照り続き、水不足となった。三名村の与平は一宮にある自分の田に渫(さらい)泉を掘ることを普請方に願い出た。普請方の許しがあ... 続きを読む

大正13年の干ばつ

image

大正13年(1924)夏、大干ばつとなり、鹿の出水をめぐる伏石村と多肥村の水争いが起こった。8月21日、伏石の農民たちは鍬やジョウレンを持って、夜中に... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、暴風雨は四国に大きな地すべりの災害をもたらし、三名村でも大小いくつかの地すべりが起こった。 続きを読む