昭和9年の干ばつ

災害年月日
1934年07月28日
市町村
徳島県三好市(山城町)
災害種類
渇水  
概要
昭和9年(1934)7月28日から8月29日まで、干ばつのため、飲料水が欠乏し、農作物の枯死するものが多かった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
近藤辰郎編「山城谷村史」(山城町、1959年)、48頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
徳島821

よく似た災害

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)夏、大干ばつとなり、地割れ多く、稲田に土びん水をしたが枯死するものが多かった。 続きを読む

寛延元年の干ばつ・台風

寛延元年(1748)6月4日、大風雨の後、7月下旬まで一滴の降雨もなく、田んぼに亀裂が生じ、稲や粟は既に枯死する有様であった。7月21日~22日に大風... 続きを読む

嘉永6年の干ばつ

嘉永6年(1853)5月から8月に至る90日間、雨が降らず、諸村では飲料水が欠乏し、尾開村(市場町尾関)などでは、吉野川より牛で飲料水を運ばなくてはな... 続きを読む

昭和42年の干ばつ

昭和42年(1967)7月10日から10月5日まで87日間、一粒の雨もなかった。蜜柑はやがて落葉し、枯死するものが続出した。10月3には干害非常事態宣... 続きを読む

昭和5年の干ばつ

昭和5年(1930)、降雨量が少なく、飲料水が欠乏し、安田名は三樫尾谷より竹百束以上の筧により取水するに至った。しかし、稲作、煙草作は大豊作であった。... 続きを読む