明治30年の土砂崩れ

災害年月日
1897年09月29日
市町村
徳島県三好市(西祖谷山村)
災害種類
土砂災害  
概要
明治30年(1897)9月29日午後9時~10時頃、大水により家屋裏の山畑が長さ2間、幅3間、厚さ1間程崩壊し、土砂が屋根を打ち抜いた。祖谷川で取った魚を囲炉裏で焼いて団らんを楽しんでいた家族5人が犠牲になった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
西祖谷山村史編纂委員会編「西祖谷山村史」(西祖谷山村、1985年)、543-544頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
土砂崩れ 死者
NO.
徳島845

よく似た災害

昭和41年5月23日の土砂崩れ

昭和41年(1966)5月23日、国道32号が大豊村小川で土砂崩れにより、17日間不通となった。 続きを読む

昭和41年5月の土砂崩れ

昭和41年(1966)5月23日、集中豪雨による土砂崩れのため、国道32号が大豊村小川で、土讃線が大杉~大王間で不通となった。 続きを読む

昭和37年の土砂崩れ

昭和37年(1962)2月20日、土砂崩れで不通となっていた土讃線の土佐岩原~豊永間の復旧工事現場で、山半分が消し飛ぶ大規模な山崩れが発生し、国鉄職員... 続きを読む

昭和33年の土砂崩れ

昭和33年(1958)5月13日、南吉田町の鯛崎山の頂上から土砂崩れが始まり、午前9時半頃、大きな音を立てて岩石が落ちてきた。このため、ふもとの帝人工... 続きを読む

昭和56年7月の土砂崩れ

昭和56年(1981)7月11日~12日、梅雨前線の北上により雷を伴った強い雨が降り続き、木頭では11日1時から12日23時までの降水量が145ミリ、... 続きを読む