慶長9年の地震

災害年月日
1605年02月03日
市町村
徳島県海陽町(宍喰町)
災害種類
地震・津波  
概要
慶長9年(1604)12月16日、地震、大津波があり、土佐宍喰で溺死3,800人。(「理科年表」による)/「宍喰旧記」には「辰半刻(9時)より申上刻(16時)まで大地震にて酉の上刻(18時)月出の頃大浪入来り海上凄じく惣浦中泉より水涌出る事二丈余上り地裂け沼水涌出言語に絶えたる大変にて其頃皆々古城山に逃登る。人数百七十余人、老小は道にて浪に打倒れ皆々流死町家寺院等流れ又倒れ尽く破失」と記されている。「鞆奥町大蓮華弁碑文」も掲載されている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、1997年)、5頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
慶長地震 津波 宍喰旧記 死者 城山
NO.
徳島858

よく似た災害

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、地震、大津波があり、土佐宍喰で溺死3,800人。(「理科年表」による)/「宍喰浦旧記」には「辰半刻(9時)より申上刻... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日、地震が発生し、阿波国は大きな被害を受けた。特に海部郡の被害は甚大であった。「鞆浦大岩の碑文」には、高さ10丈の津波が... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日、地震が起こった。鞆浦北町の大岩記には、亥の刻(午後10時)に大海三度鳴り、高さ10丈の逆浪が7度来たため、男女100... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日辰の半刻(午前8時)より申の上刻(午後4時)まで大地震で、大海が3度鳴り渡った。戌の下刻(午後9時)頃に大津波が襲来し... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日、地震により、海部郡に海嘯が来襲した。慶長地震に関する海部郡の資料は、鞆浦大岩の碑文と宍喰浦旧記の二つが主なものである... 続きを読む