明和3年の干ばつ

災害年月日
1766年07月00日
市町村
徳島県
災害種類
渇水  
概要
明和3年(1766)6月~8月、大干、禾枯る。(「蜂須賀家記」による)/6月~8月、御国干ばつ、107,636石余損毛。(「徳島県史料年表」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、1997年)、12頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 蜂須賀家記 徳島県史料年表
NO.
徳島872

よく似た災害

明和3年の干ばつ

明和3年(1766)6月~8月、大干、禾枯る。(「蜂須賀家記」による)/6月~8月、御国干ばつ、107,636石余損毛。(「徳島県史料年表」による) 続きを読む

明和4年の干ばつ

明和4年(1767)夏秋、大干、傷禾。(「蜂須賀家記」による)/6月、7月中、御国干ばつ、77,000石余御損毛。(「徳島県史料年表」による) 続きを読む

明和4年の干ばつ

明和4年(1767)夏秋、大干、傷禾。(「蜂須賀家記」による)/6月、7月中、御国干ばつ、77,000石余御損毛。(「徳島県史料年表」による) 続きを読む

明和7年の干ばつ

明和7年(1770)5月より降らず、7月に至り禾枯る。(「蜂須賀家記」による)/5月、閏6月、7月、御国干ばつにつき、御地高131,900石余御損毛。... 続きを読む

明和7年の干ばつ

明和7年(1770)5月より降らず、7月に至り禾枯る。(「蜂須賀家記」による)/5月、閏6月、7月、御国干ばつにつき、御地高131,900石余御損毛。... 続きを読む