昭和9年の干ばつ

災害年月日
1934年06月25日
市町村
徳島県
災害種類
渇水  
概要
昭和9年(1934)6月25日から雨なく、特に7月に入り好天が11日まで続いた。時期がちょうど田植期であったため、間の北東部で植え付け不能となり、北西部では煙草などの農作物に干害を生じた。8月に入っても散発的な雨しかなく、特に県北西部の雨量は30日までに30ミリ程度(31日に20~40ミリ降る)で、第十の水量は平年の半分にも達しない状態で、相当に農作物に影響を与え、飲料水にも事欠く有様といわれた。/7月9日~11日、雨乞い。(「井内谷村史」による)/7月28日~8月29日、干。(「山城谷村史」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、1997年)、78-79頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 雨乞い 井内谷村史 山城谷村史
NO.
徳島914

よく似た災害

昭和9年の干ばつ

image

昭和9年(1934)6月25日から雨なく、特に7月に入り好天が11日まで続いた。時期がちょうど田植期であったため、間の北東部で植え付け不能となり、北西... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)7月から夏型の気圧配置となり、8月にかけて近年まれに見る干ばつとなった。愛媛県では特に東予、中予で著しく、農作物に多大の干害が出... 続きを読む

昭和31年~32年の干ばつ

昭和31年(1956)11月11日から翌32年1月13日まで、高知では64日間無降水で、電力事情は悪化し、井戸水は涸れ、水道水は不足して麦、野菜等農作... 続きを読む

昭和2年の干ばつ

昭和2年(1927)6月~7月、降雨量が甚だ少なく、7月初めの連続俄雨で農作業を終えることができた状態であった。/7月24日~26日、雨乞い。(「井内... 続きを読む

昭和2年の干ばつ

昭和2年(1927)6月~7月、降雨量が甚だ少なく、7月初めの連続俄雨で農作業を終えることができた状態であった。/7月24日~26日、雨乞い。(「井内... 続きを読む