昭和47年7月の大雨

災害年月日
1972年07月10日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和47年(1972)7月10日~13日、低気圧の東進により梅雨前線の活動が活発となり、大雨となった。最多雨域は剣山南東斜面の日早で総降水量617ミリ、木頭459ミリ、北川533ミリ、富岡328ミリ、徳島193ミリであった。被害は家屋の全壊1戸、半壊1戸、床上浸水10戸、床下浸水489戸、非住家2棟、田冠水175ha、畑冠水841ha、道路損壊5箇所、山崩れ2箇所、堤防2箇所等に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、1997年)、228-229頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 低気圧 梅雨前線 山崩れ
NO.
徳島1032

よく似た災害

昭和47年7月の大雨

昭和47年(1972)7月10日~13日、低気圧の東進により梅雨前線の活動が活発となり、大雨となった。最多雨域は剣山南東斜面の日早で総降水量617ミリ... 続きを読む

昭和27年7月1日の大雨

昭和27年(1952)7月1日~3日、梅雨前線による大雨のため、県下の被害は家屋の全壊2戸、半壊1戸、床下浸水359戸、非住家9戸、田の流失・埋没1h... 続きを読む

昭和29年7月18日の大雨

昭和29年(1954)7月18日~19日、県の中央部で大雨となった。被害は家屋全壊1戸、半壊2戸、床上浸水16戸、床下浸水215戸、堤防決壊3戸、道路... 続きを読む

昭和32年9月9日の大雨

昭和32年(1957)9月9日~11日、大雨となった。3日間雨量は土佐清水で269ミリ、中村で262ミリ、野根で352ミリ、佐賀で287ミリ、佐喜浜で... 続きを読む

昭和25年5月27日の大雨

昭和25年(1950)5月27日、太平洋岸沿いを進んだ低気圧による豪雨のため、椿泊-川上の線で雨量が250ミリ程度となり、水害となった。被害は家の全壊... 続きを読む