昭和49年6月の大雨

災害年月日
1974年06月04日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  その他(落雷)  
概要
昭和49年(1974)6月4日16時40分頃、寒冷前線が徳島市付近を通過したため大気が不安定となり、昼頃から夕方にかけて県東部で強雨となり、特に上勝町福原旭では17時に1時間107ミリ、日降水量324ミリの記録的な雨量を観測した。このため、勝浦郡勝浦町、上勝町、名東郡佐那河内村で浸水、山崩れなど、また落雷のため上勝町、小松島市で約1,000戸が停電、鉄道(牟岐線)の一時不通と遅延などの被害が発生した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、1997年)、241-242頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 寒冷前線 山崩れ 落雷 国鉄牟岐線
NO.
徳島1038

よく似た災害

昭和49年6月の大雨

昭和49年(1974)6月4日16時40分頃、寒冷前線が徳島市付近を通過したため大気が不安定となり、昼頃から夕方にかけて県東部で強雨となり、特に上勝町... 続きを読む

昭和7年の大雪

昭和7年(1932)2月、夜大雪のため1尺2寸積もり、ミカン樹の被害が甚大であった。(「勝浦町前史」、「勝浦町後史」による) 続きを読む

昭和63年4月の崖崩れ

昭和63年(1988)4月18日、阿南市を中心に勝浦郡や那賀郡、海部郡などで大雨が降った。日雨量は阿南市太竜寺山で226ミリ、上勝町福原旭で146ミリ... 続きを読む

昭和6年の雪

昭和6年(1931)2月、降雪のためミカン樹の被害が甚大であった。(「勝浦町前史」、「勝浦町後史」による) 続きを読む

昭和60年6月の大雨

昭和60年(1985)6月21日~25日、四国南岸の梅雨前線上を低気圧が次々と通過して、那賀川流域を中心に雨が降り続いた。総降水量は木頭村で335ミリ... 続きを読む