昭和59年4月の大雨

災害年月日
1984年04月29日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和59年(1984)4月29日~5月1日、低気圧が発達しながら日本海を東に進んだため、徳島県では南よりの風が強く暖湿気の流入で強い雨が断続して降った。総雨量は上勝町で240ミリ、宍喰町で213ミリ、日和佐町で191ミリを観測した。日降水量の最大値は福原旭で30日に159ミリを観測した。上勝町正木の県道徳島~上那賀線で山肌が100mにわたって崩壊し、県道約3,000立方mの土砂で埋まり全面通行止めとなった。鉄道では牟岐線と高徳線に遅れが生じ、航空便は4便が欠航した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、1997年)、302頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 低気圧 山崩れ 通行止め
NO.
徳島1062

よく似た災害

平成元年の台風11号

平成元年(1989)7月26日~28日、台風11号により、総降水量は木頭で358ミリ、神山町旭丸で309ミリ、上勝町福原旭で266ミリを観測した。また... 続きを読む

平成3年10月の大雨

平成3年(1991)10月1日、秋雨前線上を低気圧が通り、大雨が降った。総降水量の最大値は日和佐で145ミリ、日降水量の最大値は日和佐で1日に104ミ... 続きを読む

平成3年6月の山崩れ

平成3年(1991)6月8日~10日、県南部を中心に強い雨が降った。総降水量の最大値は宍喰で368ミリ、日降水量の最大値は宍喰で9日に321ミリを観測... 続きを読む

昭和60年6月の大雨

昭和60年(1985)6月21日~25日、四国南岸の梅雨前線上を低気圧が次々と通過して、那賀川流域を中心に雨が降り続いた。総降水量は木頭村で335ミリ... 続きを読む

昭和63年4月の崖崩れ

昭和63年(1988)4月18日、阿南市を中心に勝浦郡や那賀郡、海部郡などで大雨が降った。日雨量は阿南市太竜寺山で226ミリ、上勝町福原旭で146ミリ... 続きを読む