昭和60年の台風20号

災害年月日
1985年10月05日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和60年(1985)10月5日夕方から、台風20号による風雨が強まり、夜半前をピークに大雨が降った。総降水量は東祖谷山村京上で172ミリ、阿南市の太竜寺山で164ミリを観測した。この雨により、5日20時20分頃、山城町立下名小学校の下およそ200mで山腹が崩壊し、国道32号が土砂で埋まった。同日21時30分頃には山城町でも山肌が幅20mにわたって崩れ、国道32号が土砂で埋まった。両所とも6日15時までに復旧した。また、西祖谷山村後山で崩壊があり、県道一宇~山城線が12日まで通行止めとなった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、1997年)、313-314頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 大雨 山崩れ 国道32号 通行止め
NO.
徳島1070

よく似た災害

明治30年の洪水

明治30年(1897)、大明神川の新開門樋が土砂で埋まった。 続きを読む

明治38年8月の洪水

明治38年(1905)8月、大明神川の堤防25間決壊し、門樋が土砂で埋まった。 続きを読む

昭和41年5月の集中豪雨

昭和41年(1966)5月20日から集中豪雨により、県東部に惨禍となり、室戸から佐喜浜にかけて国道55号が寸断された。各所で山津波により学校、民家が土... 続きを読む

昭和59年の台風10号

昭和59年(1984)8月20日~22日、台風10号により、総降水量の最大値は福原旭で326ミリを観測した。日降水量の最大値は21日に福原旭で292ミ... 続きを読む

明治38年の洪水

明治38年(1905)8月、大明神川の堤防25間が決壊、門樋が土砂で埋まった。(西条市自然災害年表による) 続きを読む